ホワイトニングのセルフサロンで白い歯に!値段や利用手順の徹底ガイド!

はじめに

ホワイトニングはセルフサロンが近年とても話題になっていますが、歯の白さは肌と同じく見た目を左右する大切な部分です。笑った時に歯の黄ばみや汚れがあると、コミュニケーションも不安に感じてしまいますよね。

そこで今回は、美意識が高い人に人気があるホワイトニングのセルフサロンについて、値段や利用手順などを詳しくご解説していきましょう。

【アラサー】30代女性の魅力って?若い頃よりモテる大人の特徴とは?こちらから。

HIFUの効果はどっちがいい?クリニックVSエステの違いを徹底解説!詳しくはこちらから。

ホワイトニングサロンとは何か?


白く輝く歯を求める人は世界的に増えているといわれ、ホワイトニング関連のグッズも飛ぶように売れています。そんな注目のホワイトニング市場ですが、増加しているのがホワイトニングの「セルフサロン」。

従来のサロンとは違い、ホワイトニングに必要な機器を利用者が自分で使用してホワイトニングするという仕組みです。セルフホワイトニングサロンが増加しているのは、このような時代の中の新しいサービスとして、非接客型で安心して利用できることも背景にあります。

SNSやインターネットから、ホワイトニングに関する情報収集が簡単にできる今の時代。昔よりも「白い歯」に興味を持つ人は増え、ホワイトニングはエチケットとしても定着しつつあります。

とくに女性にとって口元は自分の魅力の一部にもなりますので、黄ばみがある歯より白さを意識する人は多いでしょう。

ホワイトニングサロンの値段について

ホワイトニングのセルフサロンが増加しているのは値段も理由のひとつ。歯科医院でホワイトニングをしてもらうと保険診療はできず自費診療になるので、値段が高くなる傾向があります。目安としては歯科医院なら1回1~5万円、場合によっては数十万円ほどかかることも。

セルフサロンの料金相場は1回あたり5,000円前後。サロンによってはキャンペーンなどの割引で初回が安くなるといったサービスも提供しています。

脱毛サロンと同じく、1回コースや5回コースなどのプランも人気。仕事帰りやショッピングの途中に立ち寄りやすい駅近のサロン、芸能人がモデルさんも通うサロンなど、それぞれのサロンに魅力や特徴がありますので、自分に合った場所を選んで通うことが大切ですね。

学生割引やブライダルセットなど、目的に合わせたメニューを提供していることもあります。

セルフホワイトニングの手順について

歯のホワイトニングは、サロンや歯科医院など本格的にやったことがなくても、歯磨き粉やマウスウォッシュなど、市販の商品で試したことがある人はかなり多いはず。

しかしブラッシングだけではなかなか変化が感じられないホワイトニングが手軽にセルフでできるとあり、都内をはじめサロンがあちこちにオープンしています。

気になるのはセルフでどのようにしてホワイトニングするのかという点ですよね。一般的な手順としては、サロンでまず専用の歯磨き粉でブラッシングをして表面の汚れを落としからスタート。

続いてマウスオープナーを装着し、歯の表面の水分を拭き取り専用ジェルを塗布。1本1本丁寧にブラシでジェルを塗ることが、均等にホワイトニングする大切なポイントです。

そしてソファーやイスなどに座り、専用の保護メガネをかけてLEDライトを照射。サロンによって照射時間は異なりますが、15~20分程度が目安です。

LEDライトは歯の汚れを浮かしやすくしますので、照射した後に最後に仕上げフラッシングでセルフケアは完了。目安は約40分~1時間ほどです。

サロンに通う方法について


ホワイトニングのセルフサロンに通ってみたいと思ったら、まずはサロンのホームページで無料カウンセリングを予約しましょう。初めてセルフケアする際は、専用機器の使い方はスタッフから丁寧に説明があります。

施術の効果を判断するためにも、歯の色をシェードガイドでまずチェック。もちろんホワイトニング効果は個人差があり、1回のケアだけでは満足できないこともあるかもしれません。

わからないことや質問は、契約する前にカウンセリングで解決しておくこと。セルフサロンでも施術中にわからないことが出てくるかもしれませんので、そんな時にスタッフに気軽にサポートしてもらえるかどうかもチェックが必要ですね。

ホワイトニングサロンの選び方

ホワイトニングのセルフサロンは今後もどんどん増える可能性があり、競合店も多く利用者にとって選択肢が多いことは嬉しいのですが、何を基準に選ぶべきか迷うところでしょう。

料金はまず判断基準のひとつ。また営業時間、アクセスのよさ、ユーザーの口コミなども事前に確認しておくと参考になります。ホワイトニングのセルフサロンはあくまでも「セルフ」であることは理解が必要です。

また使用するジェルや薬剤は医療機関のものとは違いますので、漂白成分の配合された薬剤を使用する歯科医院のほうがよいと感じる人もいるでしょう。

どこでホワイトニングするにしても、自分に合った施術方法とプランを選ぶことが大切ですね。

まとめ

ホワイトニングのセルフサロンが気になる人は多いはず。体験コースがあるサロンも増えていますし、サロンで使用する機器やジェルを自宅で使えるコースなどもあります。

白い歯は自分の笑顔に自信を持つ最初のステップになることは間違いないでしょう。

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事