借金?!相続放棄のメリットとデメリットを知って遺産相続で得しよう

はじめに

相続放棄のメリットとデメリットについてご解説します。両親はまだ若いので、まだそんなことを考える必要はないという人は多いでしょう。
 
財産の相続は何度も経験することはありませんので、実際にその場面を迎えてわからないことだらけで不安になるかもしれません。
そこで今回は、万が一のことを考えて、今から知っておきたい相続放棄について詳しくご解説しましょう。
 

給料のデジタル払いについてこちらをチェック。

 

結婚後の銀行口座は旧姓のまま?名義についてはこちらをチェック。

 

相続放棄とは何か?


相続放棄というのは、被相続人の財産を相続したくない時に相続人が放棄することです。相続放棄は相続があることがわかってから3か月以内に家庭裁判所で手続きが必要になり、手続きもせず放置しておくと「単純承認」となり相続することになります。
 
相続とは家族など、ある人が亡くなった時にその人が持っている権利や義務など、財産を特定の人が引き継ぐこと。
よくある一般的な例では、亡くなった親の財産を子供が引き継ぐケースがあります。
 
亡くなった人の財産は遺産と呼ばれ、現金や預貯金、株式などの有価証券、車や土地、建物などがあります。
さらに相続の対象になるものは、借入金などの債務も含まれていますので、相続放棄という選択肢をとることもあるのです。
 

相続放棄するメリットについて

相続放棄するメリットは、被相続人が残した借金・債務を相続しないこと。
遺産の相続と聞くと、多額の財産が手に入るイメージがありますが、遺産に含まれるマイナス的な部分も忘れてはいけません。
 
相続放棄するほとんどの人が「借金を肩代わりしたくない」という思いで決断されるように、経済的なトラブルを回避できることはメリットになります。
 
たとえば夫が急に亡くなり、妻が遺産を相続するケース。
夫のマイカーローンなど、高額商品の分割金の残債を相続で引き継ぐことに。
 
この程度ならさほど大きな負担にはならないかもしれませんが、個人事業主のように融資を受けた場合は、かなりの金額になってしまうでしょう。
 
住宅ローンなら対象の住宅を売却して、ある程度は返済することが可能です。
このような対策をひとつひとつ考える手間はとてもストレスになりますので、相続放棄でメリットを得られることになりますね。
 
もうひとつのメリットは「遺産分割協議」をしなくてもよいこと。
遺産相続する場合は、自分以外に対象になる相続人がいる可能性があり、分配で兄弟や親族などとトラブルになる可能性もあるのです。
相続放棄すればそのようなことも回避できますね。
 

相続放棄するデメリットについて

相続放棄はメリットだけでなくデメリットもあり、簡単には決断できない重要なシチュエーションです。
たとえば父親が亡くなり、1000万円の借金が発見されたとしましょう。
 
多額の借金に驚き相続放棄したら、3000万円の有価証券が見つかった、この場合は差し引いてもわかるように、明らかにプラス財産として引き継ぐことができるケース。
 
相続放棄するデメリットは借金や債務だけでなく、プラス財産も相続できなくなりますので注意が必要です。
また自分が相続放棄した場合、財産相続の順位は下になってしまい、代わりに他の親族が相続することになります。
 

相続放棄したほうが得な場合とは?

相続は自分の意思には関係なく、血縁者というだけで発生してしまうため、あらゆることが同時進行する時期に精神的な負担となることもあるでしょう。
 
相続放棄すれば借入などの心配はありませんが、得か損かで考えた場合、相続放棄したほうがよいケースもあります。
まず明らかなのは、借金がプラス財産以上にある場合で、この時は家庭裁判所から「相続放棄申述受理証明書」を交付してもらい債権者に提示してください。
 
そして被相続人が誰かの連帯保証人になっていた場合も、全く関係のない相続人に債務が引き継がれる可能性がありますので、相続放棄したほうが安心。
 
また相続放棄でメリットが得られるケースは、借金があっても生命保険がある場合です。
生命保険は死亡時所有していた財産ではなく、死亡後に受け取るもので、相続財産には含まれていません。
相続放棄しても保険の受取人になっていれば保険金を受け取ることができますので、プラス財産以上に得する可能性もあるでしょう。
 

決断するにはどうするべきか

もし自分が相続する立場になった時、相続放棄について検討することもあるかもしれません。
その場合、ほとんどの人は専門的な知識がなく迷ってしまい、親族の意見に任せて失敗する可能性もあります。
 
もし相続でわからないことがあったら弁護士に相談したり、相続税のことなら税理士に相談したり、ケースバイケースで考えてみましょう。
 
司法書士は不動産登記の専門家、行政書士葉行政機関における書類作成などの専門家なので、相続の手続きでアドバイスしてもらえることも。
 
また相続に関しては、公共機関で無料相談してくれるところもありますので、中立的な意見を聞くためにもわからない時は誰かに相談することは大切かもしれません。
 

まとめ

相続放棄にはメリットとデメリットがあります。家族と相談して決めることはもちろん、法的な要素を含むことなので、専門家の意見もぜひ参考にして判断してみましょう。

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事