クレジットカード使えない理由は?よくある原因と対策について

はじめに

クレジットカード使えない理由は、いくつか考えられることがありますので、もしもの場合は慌てずに対処していきましょう。
 
会計時に「カードが利用できません」と店員さんに言われてしまう恥ずかしい場面は、きっと多くの人が経験しているはずです。
 
つい最近まで問題なく使用していたクレジットカード。よくある使えない理由についてご説明しますので、ぜひ参考にしてくださいね。
 

SNSで友達を作る人の心理とは?こちらをチェック。

 

最新版!結婚したくない男性の職業はこちらをチェック。

 

カードの劣化で読み取れない


クレジットカードを使えない理由でよくあるのが、カード表面の磁気ストライプが経年劣化して読み取れない場合です。
 
利用頻度が多いと、カードリーダーに通すたびに摩擦されて磁気ストライプが汚れ、破損して読めないこともあります。
 
また最近多いのは、ICチップの破損がクレジットカードを使えない理由になる場合。
柔らかい布で汚れを拭き取れば使えることもありますが、読み込まない場合は他の理由も考えて対処してみましょう。
 
磁気ストライプは磁力を使いデータを保存していますので、磁気を発生させるものと一緒に保管すると磁気不良になる可能性があります。
 
カード同士を重ねてお財布に入れたり、手帳型スマホケースを使ったりすることも、磁気の影響が強くなるリスクがあるのでチェックしてみてくださいね。
 

有効期限切れのため

クレジットカードが使えない理由でうっかりやってしまうのが、カードの有効期限切れのものを誤って使ってしまうケースです。
カード表面に有効期限が必ず記載されてありますので、使用する際は必ず確認しておくこと。
 
カード会社から自動的に更新されて、新しいカードが手元にある場合は、すぐに交換しておきましょう。
古いクレジットカードははさみやカード専用のシュレッダーなどで裁断して処分することをオススメします。
 
クレジットカードの更新時期は忘れやすいためカレンダーに記入するなど、忘れずに管理しておくと安心です。
 
もし手元に届いていない場合は、住所変更ができていないなどの原因が考えられますので、有効期限切れが近くなったらカード会社に確認してください。
 

利用限度額を超えているため


クレジットカードにはそれぞれ利用限度額が設定されていますので、それ以上利用しようとするとカードが利用できません。
 
たとえば大きな金額の買い物、家具や家電の買い替え、航空券の購入などの出費が重なると、月々の利用限度額は軽く超えてしまうかもしれません。
 
カード会社によっては、事前にこのような出費がわかっている場合は、「一時増枠」という手続きをしておけば、利用限度額を増やしてもらえることもあります。
 
利用限度額を超えるケースは大きい出費以外にも、分割払いやリボ払いの繰り返しも原因となりますので、きちんと利用額を自分で記録したり、アプリを使って利用状況を確認したりすることもオススメです。
 
利用限度額を超えている場合は、限度額に空きができるまで待つか、カード会社に連絡して対処してください。
仮に増額依頼をしてもすぐに利用できるとは限らず、1日~数日ほど時間がかかりますのでご注意くださいね。
 

入力ミスで使えない

クレジットカードが使えない理由は、実店舗だけでなくオンラインの買い物でも稀にあります。
主な理由として考えられるのは、支払い情報を入力する際に名義人のスペル、カード番号や有効期限、セキュリティコードを間違えて入力していること。
 
とくにセキュリティコードは、カード会社によって桁数が違いますので、必ずカードを見ながら確認して入力しましょう。
 
クレカ決済できないのは単純な入力ミス以外にも、実店舗で起こるエラーのように利用限度枠が足りない、有効期限が切れているといったことも考えられます。
 

カード会社によるロック状態

クレジットカードが使えない理由には、カード会社が意図的に利用できないようロックしている場合もあります。
 
近年クレカの不正利用が問題になるように、第三者の利用が疑われる場合はカード会社が一時的に利用停止しているかもしれません。
 
同じ金額のギフトカードがたて続けに購入されたり、お住まいの地域とは違う場所で頻繁に利用されたり。
 
心当たりがある場合はカード利用履歴を確認して、不正利用されていないかどうかをすぐにチェックしてください。
覚えのない請求がある場合もカード会社に連絡し、カードを新規で発行してもらうこともできます。
 

支払い遅延が原因

クレジットカードの支払いが遅れていると、一時的に利用停止される可能性があります。
引き落とし口座の残高が数円不足しているだけでも引き落としはできませんので、遅延扱いになることがあるでしょう。
 
カード会社から引き落とし日の連絡や残高確認について、毎月メールで連絡があるはずなので、念のために確認しておいてください。
 
遅延している場合は電話や督促状など、何かしらの形でカード会社から連絡がきているはずです。速やかに請求額を振り込み、カードが利用できるよう対処してくださいね。
 

まとめ

クレジットカードが使えない理由は、お店のリーダーの不具合などもあります。
あらゆる可能性がありますので、確実に対処するためにはカード会社に連絡して確認しておきましょう。

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事