格安航空券(LCC)のメリット・デメリット!予約前に気を付けたいこと

はじめに

格安航空券のメリットは、料金がとても安いことがまず挙げられますが、大切な旅行を快適にするためにもデメリットもきちんと理解しておきましょう。
 
航空券は近年とても業界での競争が激しく、かなり激安で販売している会社やキャンペーンなども行われていますよね。
そこで今回は慎重に判断するために、格安航空券のメリットとデメリットについて詳しくご解説します。
 

女子旅!国内のおすすめスポット6選はこちらをチェック。

 

週休三日制のメリット・デメリットはこちらをチェック。

 

LCCについて


格安航空券と通称呼ばれている安いチケットは、「LCC(ローコストキャリア)」で、大手航空会社が行う無料サービスを有料で提供するなど、効率的な簡素化や有料化で運賃を安くする航空会社のことです。
 
日本国内にはジェットスターやバニラエアなどが有名ですよね。
一般的なチケットとは違う点がありますので、ルールや利用方法は誤解のないよう事前に確認してください。
 

格安航空券のメリットについて

航空券は旅行代金の中でもかなりの割合を占めるものになりますので、できるだけオフシーズンを選んだり、安い座席にこだわったりして苦労しながら選ぶ人が多いでしょう。
 
旅行予約サイトによっても価格が異なりますので、旅行計画を立てた時からチケット探しはメインの仕事になるかもしれません。
まず格安航空券のメリットといえば、大手のレガシーキャリアと比較すると運賃は2~5割程度安くなること。
 
さらに販売促進のために破格値で限定数量の座席を販売することもありますので、運がよければかなりの節約効果が得られますね。
 
このようなセールでは予約期間が限定されることが多いため、先にチケットをとってから計画できるフレキシブルな旅にオススメ。
 
また格安航空券のメリットは、片道料金でも安価なので、大手のように往復で無理して買う必要もありません。
複数都市を巡る場合も、格安航空券のほうがお得になるでしょう。
 
他にも滞在日数の制限がないことや、場合によっては燃油サーチャージが運賃に含まれているので計算しやすいといった点も魅力的です。
 

格安航空券のデメリットについて


「安いからそれでいい」と勢いに乗ってチケットを手にすると後悔する部分もあるので注意しましょう。
デメリットは機内サービスが有料になることで、食事が必要な場合は予約時に一緒に申し込む必要があります。
 
当日でも数があれば購入できるかもしれませんが、確実にサービスを受けるなら事前予約は欠かせません。
またデメリットは、座席指定が有料であること。
 
大手のチケットなら、予約時に好きな座席を無料で事前指定できますが、格安航空券だと友人と離れて座りたくない時は有料で座席指定が必要になります。
 
場合によっては自由席扱いになり、指定ができない場合も。
注意したいのは、機内持ち込みの荷物の重量や大きさが厳しく制限され、預け荷物の大型スーツケースなどは別途料金がかかります。
 
荷物が多い人なら、一般的なチケットにしたほうがお得かもしれません。
さらに遅延が多いことも格安航空券のデメリット。
もし遅延になっても、代理便の手配はできませんし、宿泊場所の提供をしてもらうことも不可能なのです。
 

格安航空券が向いている人

いつも大手の航空会社を利用している人が格安航空券で旅をすると、意外なところで追加料金がかかるなど、不都合に感じる部分が色々とあるかもしれません。
 
一般的なサービスを期待しているとがっかりすることもあるので、利用の際は心構えをしておくことが大切です。
 
たとえば機内サービスは充実しなくていいから、安くチケットを買いたい人や、時間に余裕があるので遅延や欠航しても問題がない人、突然の変更にも対処できる旅慣れた人向けといえますね。
 
航空券だけでなく、なんでも値段と内容は比例することが多くなっています。
格安である分、期待感はあまり持たないほうが満足度は高くなるのでしょう。
 

遅延が多い謎について

運賃が安いから仕方ないと無理やり納得しながら旅をするのは、せっかくの楽しい予定もストレスにつながってしまうもの。とくに飛行機のスケジュールが突然変更になると、旅行の計画が全て台無しになってしまう場合もあります。
 
格安航空券のメリットは運賃が安いことですが、その代わりに遅延が多いことは、事前に想定しておきたいことのひとつ。
 
なぜLCCは遅延が多いかというと、コストを下げるために超過密スケジュールで運行していることが考えられます。
 
またルートを往復しているため、出発が遅れてしまえば到着が遅れ、そこから戻ってくる便もさらに遅延状態に。
また整備士の慢性的な不足による機材の準備遅れ、代替機がなく悪循環が続いてしまうことも挙げられます。
 
もちろん遅延情報はわかり次第メールで連絡がきますが、航空会社に交渉してもどうにもならないケースが多いため、ある程度覚悟は必要ですね。
 

まとめ

格安航空券のメリットとデメリットを理解すると、リスクを抱えても安く旅をしたいなら、キャンセルや遅延になっても自己判断なので文句を言わず対策を考えることも必要かもしれません。
 
フライトスケジュールに関しては、航空会社もできるだけ時間に正確に運行するよう努力しています。まだ利用したことがない人は、近場の旅行でいずれ試してみることもよいでしょう。

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事