2024年に145億円規模に?!話題の完全栄養食品市場とおすすめ商品

出典:BASE FOOD

完全栄養食品とは

完全栄養食品とは、人体に必要な栄養素が入っており、1食分で1日に必要な栄養素の約3分の1が摂れる食品のことです。
2013年に米国で完全栄養食品ソイレントが発売され、注目を集めました。
ソイレントの開発者であるロブ・ラインハートの「それ一つで生きるために必要な栄養素を摂取できる」という概念から生まれた食品です。
 
完全栄養食品は当初は液体・粉末タイプで提供されており、食事としての満足感が得にくかったため、継続的な利用が難しいといわれていました。
また、栄養価を高めるために様々な原料を用いることから、一般食品に比べ割高感がありました。
 
2016年頃から海外で発売されている完全栄養食品を参考に、日本人向けの栄養バランスに調整して開発した商品も発売が始まり、液体・粉末タイプに加えパスタやパンなど咀嚼できるタイプの商品が登場しました。
手軽に十分な栄養を摂ることができるため、仕事や趣味に没頭している人や単身層などから高い支持を受けています。
また、必要以上のカロリー摂取をせずに必要な栄養を摂取できることや栄養バランスの高さから、ダイエット目的やスポーツでの栄養補給を目的に利用されるケースもあるそうです。
 

完全栄養食品市場は2024年に145億円規模に?!


出典:PR TIMES
現在は通信販売が中心となっている完全栄養食品。
今後、需要の拡大とともに商品の量産による低価格が進み、小売店での取り扱いが広まることで一般消費者の需要も取り込み、市場拡大が進むとされています。
 
MDB Digital Search 有望市場予測レポートの調査では、2024年に市場規模が146億円にまで上昇することが見込まれています。
2020年の市場規模は25億円程度だったため、今後4年間における急激な規模拡大が期待されているのです。
 
また、このレポートはパンデミック発生以前のもの。
パンデミックの影響により頻繁な外出が難しくなるなどして、効率的に栄養を摂取できる完全栄養食品の需要は増えています。
したがって、調査による予想をも超える結果になるかもしれないのです。
 

おすすめ完全栄養食品①BASE FOOD


出典:BASE FOOD
BASE FOODは26種のビタミン&ミネラル、約30gのたんぱく質、約7gの食物繊維など、からだに必要な栄養素が詰まった完全栄養食品で、糖質は控えめ。
常温で保存可能、賞味期限が長い(約1ヶ月)、すぐに食べられる(BASE NOODLEで3分、BASE BREADで50秒)という利点もあります。
日本のスタートアップ企業がサブスクリプション型で販売しています。
 
BASE FOODには、BASE BREADと呼ばれるパンと、BASE PASTAと呼ばれるパスタがあります。
BASE BREADはプレーンとチョコレート、メープル、シナモン、カレーの5種類。
BASE PASTAは太麺のフェットチーネと細麺のアジアンの2種類です。
 

おすすめ完全栄養食品②日清 All-in


出典:All-inシリーズ
日清 All-in シリーズは日清食品グループが展開する完全栄養食ブランド。
そもそもインスタントラーメンは日清食品の創業者・安藤 百福が約60年前に開発した“簡便食”
現代に向けてアップデートした新しい“簡便栄養食”となります。
 
パスタタイプのAll-in PASTAとヌードルタイプのAll-in NOODLESが販売されています。
ソースと一体化したカップ仕様の商品もあり、こちらはお湯をかけるだけで手軽に食べることができます。
 
新開発された日清食品独自の製麺技術「栄養ホールドプレス製法」により、茹でたときに流出しやすいビタミンやミネラルを麺の内側に閉じ込められているのが特長です。
味や食感を構成する外層で麺全体を覆っているため、栄養素特有の苦みを感じにくくなっています。
 

おすすめ完全栄養食品③COMP


出典:COMP
COMPは、人の健康に欠かせない必須栄養素をバランスよく配合した完全栄養食。
パウダータイプ、グミタイプ、ドリンクタイプ、アイスクリームタイプがラインナップされています。
中でもパウダータイプは、プレーン風味のほか糖質調整モデルなどがあり、味を変えられるフレーバーも。
 
グミタイプは、世界初の完全バランス栄養食グミです。
生きていく上で大切な咀嚼性にも重点を置き、パウダータイプにはない携帯性も追求しています。
さまざまなグミを販売しているUHA味覚糖との共同開発によりできた商品です。
 

まとめ

どんどんと拡大されそうな完全栄養食品の市場規模。成長が楽しみですよね。
さらにおすすめの完全栄養食品ブランドもご紹介しました。
忙しい現代人の味方であり、買い出しに行きづらいパンデミック禍の頼れる存在でもあります。
あなたも食生活に完全栄養食品を取り入れてみませんか?

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事