愚痴を言う人の心理を知って親しく付き合うには

はじめに

愚痴を言う人の心理については、理由を知りたくなる時がありますよね。会うたびに愚痴を聞かされると、辛くなってしまうことも。
 
でも親しく付き合っていかなければいけない相手だとしたら、やはり相手の心理について知っておく必要があるのです。
今回は愚痴を言う心理について詳しく見ていきますので、付き合い方の参考にしてみてくださいね。
 

誰かのせいにしたい


今の状況がうまくいかないのは自分のせいではなく、誰か他の人のせいだと思うようにしたいのです。
このため愚痴を言う心理になるでしょう。
本当は自分のせいかもしれないと思っても、それを認めたくない思いがあるのです。
 
でも誰かのせいにすれば、そのような気持ちから逃げることもできるでしょう。
人のせいでこのような状況になっていると、被害者意識を持っている場合もあります。
 
あまり愚痴を言ってくる人に対しては、本当にその人のせいなのかどうかについて考えてみた方が良いということをアドバイスする必要があるでしょう。
 
でも伝える時には、穏やかに優しい伝え方をしなければ、相手が受け入れてくれない可能性があるのです。
穏やかに優しく、その人のためにと思い伝えたとしたら、相手の心に届くかもしれません。
 

行動する勇気がない

今のままの状態ではなく、何か行動をしたいと思っていてもそれができないので、愚痴を言うしかないという場合もあるのです。
 
行動力がもっとあれば、良い状態になるかもしれないと自分でもわかっているのでしょう。
でも行動することにより失うものがあると感じると、それができないのです。
 
勇気が出ない自分を隠したい気持ちがあるので、愚痴を言う心理が働くでしょう。
何をすれば自分自身が満足するのかについて、じっくり考える必要があるのです。
 
「本当は何かしたいことがあるんじゃないか」と相手に聞いてみるようにしましょう。
すると、自分なりに実は望んでいることがあり、それを分かってくれる相手を探していたと伝えてくるケースもあるのです。
 

自分を守りたい


自分は悪くないという思いを持つのは、自分を守りたい気持ちが強いからでしょう。
もしここで自分の非を認めてしまうと、とても辛くなってしまうのです。
 
悪いのは自分だというように自分を責めてしまうタイプの人もいますが、そうはなりたくないと考えているのでしょう。
 
このため愚痴を言う人の心理としては、とにかく守りたいのは自分自身という思いが関係しているのです。
せっかく今まで積み上げてきたものがあるなら、それを手放したくないと考えているのでしょう。
 
自分が守りたいものを脅かしてくる存在に対しては、壁を作る傾向にあるのです。
相手の味方をしたいと思った時には、「よかったら何でも話してね」と伝えるようにしてみましょう
 
この人は味方かもしれないと思ってもらえた場合には、愚痴をなぜ言うのかについて、その理由を教えてくれることもあるのです。
 

気にかけてほしい

人から見放されたくないと考えていたり、気にかけてほしい気持ちがあったりするので、愚痴を言うこともあるでしょう。
誰かの行動に対して愚痴を言う時も、その人から本当は気にかけてほしい思いがあるからです。
 
でもそれが叶わないので愚痴を言って、せめてこの人からは気にかけてほしい、すがりたいという気持ちがあるのでしょう。
 
誰からも気にかけてもらえない自分になりたくないと不安を感じているのです。
でも不安を抱えたままで日々を過ごしたくないので、人に愚痴を言って少しでも気持ちを楽にしたいのでしょう。
 
実際に愚痴を聞かされる側としては、その間付き合わなければいけないことが多いですよね。
この時間だけでも、相手からは気にかけてもらえていると思い、ホッとしている場合もあるのです。
でもあまりにも愚痴を言う機会が多い人に対しては、別の話題にさりげなく変える配慮も必要になるでしょう。
 

変われる糸口を見つけたい

今のままの自分でいたくないという思いがあり、満たされていないと感じている可能性があります。
でもどういう自分になりたいのかを見つけることができず、変わる糸口として愚痴を言う人の心理になるのでしょう。
 
愚痴を言っている間に、もしかしたら今まで見えなかったものが見えてくるかもしれません。
これについて信じたい思いがあるので、相手に対して少しでもフォローしてほしいと考えているのです。
 
自分が変わるためには、一人では無理かもしれないと思っているため、愚痴を言うことによって救いを求めているのでしょう。
 
どんな自分になりたいのかについて、穏やかに尋ねてみるようにしましょう。
人に話すことによって、自分がどうしたいのかが見えてくる場合もあるのです。
 

まとめ

愚痴を言う人の心理については、できればやりとりをしたくないと思うこともあるでしょう。
でも接し方についてあまり深く考えすぎずに、気持ちを楽にしてやりとりをしていけば、案外素直な性格だと分かるケースもあるのです。
 
愚痴を言うことで気持ちがすっきりして、笑顔になれる人もいるでしょう。
このためこの人と接しにくいと思い込まずに、愚痴を言う理由について分析をしてみるのも良いかもしれません。

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事