dewksのメリットはあるの?大変でも最高の喜びを得るための生き方とは?

はじめに

dewksのメリットは何か、自分の人生を考える際に、女性なら意識する部分ですよね。
キャリアを大切にして活躍するか、家庭と両立して人生を楽しむか。
 
あらゆる迷いや不安があるのは当然です。
そこで今回は「dewks」というライフスタイルについて、魅力や生き方を見ていきましょう。
 
 

子供を作らない夫婦。DINKsという生き方についてはこちらをチェック。

子供の将来のために節約しよう!節約方法はこちらをチェック。

 

dewksとは何か?


dewksとは「Double/Dual Employed With Kids(ダブル/デュアル•エンプロイド•ウィズ•キッズ)」の意味で、共働きで子供がいる夫婦のこと。
 
近年話題になっている、子供のいない共働き夫婦のdinks(ディンクス)と違うのは、子供がいるかいないかという点です。
女性にとって結婚、出産は、自分のライフスタイルが変わるほどの大きな決断ですよね。
 
夫婦共働きならキャリアを伸ばしやすいものの、子育てがプラスされるとかなり自由度が制限されてしまいます。
 
そのような環境の中、でも仕事と家庭を両立させようと決意する女性がいるのは、やはり子供のいる生活に魅力を感じるため。
大変でも幸福に浸るためには、dewksのメリットを意識しておきたいですね。
 

dewksのメリットとは?

dewksのメリットは、大変なところだけが目立ってしまいますが、共働きで子供がいる生活はとても刺激があり、喜びも多いといえるでしょう。
 
夫婦共に収入があることは、経済的な不安を軽減させることがメリット。
生活を夫婦で楽しむよりも育児の喜びが増えると、幸福も倍増した気分になりますよね。
 
dewksのメリットは女性としての幸せだけでなく、実は男性の家庭進出にもメリットがあります。
休日にのんびりと昼まで寝ている生活は、夫婦だけならできるかもしれませんが、子供がいれば出かけたり、育児活動に積極的に男性も参加したりする機会が増えます。
 
すると夫婦のつながりも強化されて、育児を通じてお互いに成長できることもdewksのメリットに。
少子化が進む今の時代、出産を意識して結婚しない女性も増えています。
 
人それぞれ価値観は違うので、dewksかdinksかの二択ということもないでしょう。
ただ男性の育児休業取得率が徐々に増加傾向にあることは、社会のサポート体制が男女共に広がっていることを表しているのかもしれません。
 

完璧にこなそうとしない


dewksのメリットは社会生活を充実させ、夫婦として親子として、全ての喜びを得られること。
しかし家庭と仕事の両立で、女性に負担がかかってしまうのは「育児は女性の仕事」という観念が未だに残っているためではないでしょうか。
 
時代は変わり、女性をサポートする制度は増えているものの、一部の意識がまだ変わっていないのかもしれません。
仕事も家庭のことも全て完璧にこなそうと思うため、精神的な負担が大きいことは確か。
 
共働きで、子育ても一人で頑張ろうとプレッシャーをかけず、男性に協力してもらうことも大切です。
完璧にやろうと思うために、できないことがどんどん目立ってしまう場合もあるでしょう。
時には肩の力を抜き、手抜きできることは積極的に手抜きしてもよいのです。
 

優先順位をつけて両立させよう

dewksの最大のメリットは、子育てから得られるあらゆる喜びや経験です。
そのためには妻として女性として母として、あらゆる役をこなさなければならないと思う人もいるでしょう。
 
やろうと思うと無限にある家事。
子育ても年齢に合わせて、新しいことをどんどん取り入れることが必要になるかもしれません。
自分のライフスタイルが次第に誰かのためになってしまい、窮屈に感じることも多いですよね。
 
dewksで喜びを感じるには、負担をできるだけ減らすことがコツ。
そのためには物ごとの優先順位を考えてみましょう。
今すぐにやらなければならないこと、たとえば家の掃除よりも食事の支度は緊急性があります。
 
考えながら作業をしていると、仕事にも影響を与える可能性があるもの。
その瞬間にフォーカスできるよう、前日にやることをリストアップしたり、仕事の段取りを帰る前に整えたり、一歩先のスケジュールが大切です。
 
辛い時ははっきり辛いと声に出してくださいね。
理解者を増やすためには、よいことも悪いことも周囲と共有しましょう。
 

頑張る姿は最高の教育になる

忙しすぎてどれも中途半端になる不安は、dewksで頑張る女性の多くが抱くところではないでしょうか。
仕事と家庭を両立するのは簡単ではないかもしれません。
 
頼れる人にはどんどん頼り、会社や夫にもサポートしてもらうこと。
たとえ家の掃除が行き届かなくても、毎日やりがいを感じて頑張る姿は、子供にとって最高の教えになるはずです。
 
家族全員が笑顔で食卓を囲み、休日を過ごせるライフスタイルは、大変だからこそ些細なことに価値を見出せるのです。
最終的には結婚していても子供がいても、自分の幸福度が何よりも大事。
 
なぜ頑張るのか、自分なりの目的や意義が明確であれば、生涯独身でも夫婦共働きでも人生は充実するでしょう。
 

まとめ

女性の幸福は、結婚や出産などに焦点が当てられがちです。
しかしキャリアを伸ばして自分の存在意義をアピールすることはとても素敵で、多くの女性が憧れるところ。
 
どのような自分になりたいか、自分らしさを大切にしたライフスタイルをイメージしてくださいね。
幸せを誰かと共有するためには、多少の負担がかかるかもしれません。
それでも自分が決断したことを貫き通すのは、人生を充実させるヒントになるでしょう。

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事