2021年春トレンドメイク!注目される大人のメイクテクニック

はじめに

トレンドメイクは2021年、どのようなテクニックが注目されているか、美意識の高い女性たちは興味があるのではないでしょうか。
ファッションのトレンドと同じく、メイクも毎年違ったカラーやテクニックが人気になります。
 
さらに美しく自分を輝かせたい時には、トレンドメイクをプラスすることはとてもよい方法になりますよね。
では早速ですが、周囲の視線を集めるトレンドメイク2021年のポイントをご紹介しましょう。
 
 

気になる毛穴の黒ずみのスキンケアについてはこちらをチェック。

 

韓国コスメでのスキンケアも気になる方はこちらをチェック。

 

トレンドメイクで2021年の注目カラーは?


トレンドメイクとして、2021年に注目されているカラーはラベンダーカラー。
海外のファッションショーでも多く使われている優しいパープル系のラベンダーカラーは、可愛い大人を演出する素敵な風合いがあり、2021年のトレンドの傾向になっています。
 
ポイントは少しくすみがかった色彩であること。
スモーキーなラベンダーカラーのアイシャドーは、目元全体がふんわりと優しくなるでしょう。
 
チークやリップグロスなども、ラベンダーカラーが続々各メーカーから登場していますので、存在感がありながらも自分らしくメイクしたい時にオススメ。
 
さらにトレンドメイクで2021年の春夏は、アースカラーをさらに洗練させたボタニカルカラーも注目されるでしょう。
ライトブラウン、グリーン、イエロー系は深みがあり、いつもとは違った自分になれるかもしれません。
 

アイストロビングで目元をアピール

トレンドメイクで2021年は、自分に合ったメイクテクニックや好みのカラーを自由に使う傾向が、さらに強くなっているといわれています。
 
大人のメイクテクニックで今季話題になっているのは「アイストロビング」というアイシャドーのテクニック。
通常は目尻にかけてアイシャドーを入れますが、アイストロビングは目頭にハイライトになるアイシャドーを入れるテクニックなのです。
 
イエローやパープル、ピンクなどをほんのりとつけてもよいですし、はっきりわかるインパクトのあるアイストロビング技法も、意外とアイメイクとしてマッチします。
 
春なら桜色のシャドー、夏は元気にオレンジやブルーなども素敵。チークとトーンを合わせたり、トップスの服の色とコーディネートしたりするアイストロビングもオススメです。
 

ピンクニュアンスのミニマムメイク

トレンドメイクで2021年に注目されているのは、フェミニンなピンクを「ピンク風」に仕上げるニュアンスメイクです。
毎年ピンクはメイクの定番ですが、今年はピンク風のオレンジ、ピンク風のレッド系など、なんとなく甘いカラーが注目されています。
 
大人メイクでピンクを使いたいけれど、子供っぽくなりそうで不安、そんなことを感じたことはありませんか。
そんな時は、オレンジとベージュを混ぜたウォームカラーとヌーディなピンクなどを使い、オーバーにせずミニマムにシンプルに仕上げることがコツ。
 
たとえばアイシャドーなら、アイホール全体にベースカラーをのせ、下まぶたにも目頭から目尻にかけて同じベースカラーを広げます。
 
そしてハイライトになるピンクニュアンスを、目の際からぼかすようにつけるだけ。
リップもペンシルなどを使わず、唇の輪郭に沿って美しく自然に見えるよう、色を丁寧にのせていきましょう。
 

ワントーンメイクを極めよう


トレンドメイクで2021年は、ワントーンメイクをさらにグレードアップしてあらゆるシーンで演出してみましょう。
ワントーンメイクとは目元や頬、リップを同じトーンでメイクする方法。
 
統一感があるので、メイクが苦手な人にも人気があります。
ただしワントーンメイクは、ぼやけて見えやすいデメリットもあるので、2021年は質感を意識して自分らしくメイクすることがポイントです。
 
今季注目されているレッド。
あらゆるレッド系のコスメが市場に登場しています。ワントーンメイクでも赤を上手く使うと、大人の雰囲気がもっと演出できるでしょう。
 
たとえばボルドーカラー。
存在感がある色のリップと同じトーンのアイシャドーで、目尻にハイライトを入れてもよいですね。
またクリームタイプのアイシャドーなら、チークとしても使うことができるので、ワントーンメイク用にひとつあると便利です。
 
コントラストを出すことがワントーンメイクのコツ。色味によっては強くなりすぎるので、その際はマスカラやアイラインは控えめにしておきましょう。
 

ツヤ感のあるヌーディメイク

ツヤを意識した質感のあるヌーディメイクは、2021年の注目トレンドです。
ヌーディメイクは毎年人気がありますが、今期は全体的にぷるっとした優しい演出がコツ。
 
全体的にベージュ系や薄いピンク系でまとめ、マスカラで目元を強調するのもよいですね。
ヌーディすぎると血色が悪く見えるので、チークもしっかり入れましょう。
 
その際は頬骨にそって広げ、同系色のアイシャドーをアイホール全体に広げること。リップはグロスでツヤを出して、口元の存在感を意識してくださいね。
 

まとめ

トレンドメイクとして2021年は、周囲の人はどのような点を意識してメイクしているのか、とても気になりますよね。
 
トレンドカラーをはじめ、取り入れられるところはどんどん参考にしてください。
周囲の視線を奪う「旬な顔」は、自分が一番好きになるメイクをゴールにしてみましょう。

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事