看護師の転職先のおすすめは?年収や働き方の違いを徹底比較!

はじめに

看護師の転職先は、必ずしも病院だけではありません。自分の経験や知識を最大限に活かせる場所で、医療に携わることが理想的ですよね。
 
看護師はとても厳しい仕事というイメージがありますが、納得できる働き方や年収を得るには、看護師の転職先はどう判断したらよいか、詳しくお伝えしていきましょう。
 

30代看護師の貯金事情は?こちらをチェック。

 

IDECOで資産運用、やり方や体験談をご紹介!こちらをチェック。

 

看護師の平均年収について


 
看護師の転職先を探す前にまず知っておきたいのが、一番多い就業場所は病院であること。続いてクリニックなどの診療所、その次は居宅サービス、介護老人保健施設です。
 
日本の少子高齢化は、看護師の転職先にも影響があり、介護施設なども近年増えています。平均収入ですが、女性看護師は平均年齢38歳を基準にすると月額約32万円、ボーナス約83万円。
 
看護師業界は人手不足が続き、シニアが増加しているため、転職市場は常に活発であるといえるでしょう。転職はどのような仕事でも、収入はとても大切な判断基準になりますので、看護師も同様に仕事内容や働き方を考慮して、バランスのとれた年収が確保できる職場がオススメです。
 

年収がよい看護師の転職先

看護師は離職率が高い職業ともいわれるように、働く場所や勤務形態などにより、仕事のしやすさが大きく違ってきます。看護師の転職は一般的な仕事と同じく、年収やキャリアアップを目指す人など、さまざまな理由があるでしょう。
 
看護師の転職先で今よりも高額年収を目指すなら、基本給以外の夜勤手当などのプラスを考えることもコツ。柔軟に働き方が選択できるのであれば、看護師の転職先として夜勤専門は高収入が期待できるでしょう。
 
日給にすると24万円が多く、勤務時間は16時~翌朝9時まで、もしくは17時~翌朝8時までの交代制などがあります。夜勤専従は常勤やアルバイトなど、働き方もさまざま。
 
割合的にはアルバイトやパートの求人が多い傾向にあります。ただし夜勤は急患対応や、一人で対処する作業も多くなりますし、生活リズムが崩れてしまうデメリットもあるかもしれません。
 

土日が休める看護師の転職先

看護師は夜勤、土日出勤が当たり前なので、プライベートが充実しないという悩みを抱えている人も多いといわれています。総合病院などは看護師が常勤していますので、土日休みは難しい職場です。
 
しかし産業看護師なら、企業内の診療所や医務室で勤務し、従業員の健康管理を行うため、企業の休みと同じく土日祝日休みが可能になります。
 
夜勤もなくオフィス勤務のようなスタイルなので、医療現場というよりはデスクワークが多い傾向があるでしょう。病院勤務以外の転職先をお探しなら、このような勧業看護師もオススメ。
 
医療とは一切関係のない製造業などの企業内産業看護師など、違った環境でキャリアアップも期待できるでしょう。
 

単発の仕事をしたい場合

看護師の転職先は、常勤以外にも単発のアルバイトもありますので、掛け持ちで仕事ができる人や家庭と両立したい人にもオススメです。
単発の看護師の仕事とは、イベントナースやツアーナスで短期派遣や単発の仕事が多く見られます。たとえば修学旅行に添乗する看護師の仕事や、コンサート会場の救急施設の仕事など。
 
色々な人の出会いや、あらゆる環境で看護の仕事に携わるため、病院ではできない貴重な体験が積めます。ただしイベントナースは医師がいない環境も多いため、重大な判断を下さなければならない場面もあるでしょう。
場合によっては宿泊する仕事もありますので、柔軟に対応できる働き方が求められる仕事です。
 

条件のよい病院の選び方は?


 
看護師の転職先として一番求人数が多いのは、やはり病院などの医療機関です。病院も運営体制によって年収や勤務形態が異なりますので、快適に働ける場所を選ぶにはいくつかの判断ポイントを考えてみましょう。
 
まずはこれからキャリアをもっと伸ばしたいのであれば、教育プログラムなどが充実しているところがオススメ。病院によっては、キャリアアップのための費用のサポートをしてくれる場合もあります。
 
働き方はシフト体制がメインになっていますので、二交代制か三交代制か、それぞれのメリットやデメリットを比較しておくことも大切。
 
二交代制のほうが勤務時間は長くなりますが、生活のリズムがとりやすいという声が多く聞かれます。求人広告だけでは、看護師の転職先で成功するかどうかは判断できませんが、従業員の口コミや離職率なども参考にするとよいかもしれません。
 
最近は看護師専門の転職サイトや紹介サービスがありますので、希望する条件を提示してどのような転職先があるのか、まずは相談してみるのもよいでしょう。
 
病院にもあらゆる規模がありますので、アットホームなところで働きたいか、スキルを伸ばしたいか、自分のキャリアプランを考えながら、病院を比較することをオススメします。
 

まとめ

看護師の転職先は、病院だけでなくあらゆる場所があります。どこが自分にとって一番快適な職場なのかを判断するには、他の職業と同様に自己分析が鍵を握っています。
 
看護の仕事とは苦労が多い反面、とてもやりがいがあり、周囲から感謝される素敵な職業です。転職先を考える場合は、自分の魅力が発揮できるところを優先してみましょう。
 

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事