医療関係者は本当にお金持ち?実際どうなの?

一度は病院で、風邪や怪我でお世話になったことがあるかと思います。そこで勤務されている医師の方、看護師の方のお給料が気になったこともあるのではないでしょうか。医師の年収が高いのは想像がつくと思いますが、それ以外の医療従事者については知らないという方がほとんどでしょう。

医療従事者となると、医師を含めたさまざまな職業の方が該当してきますので興味のある方は後ほど検索していただくとよいでしょう。今回は、医療関係者にどの程度、給料が発生しているのかについて紹介します。医療関係者を目指す方や、業界の知識として知っておきたい方などにおすすめの記事となっています。

医師の場合

まず、医師の生涯年収について解説します。30年間医師として勤務した場合の生涯年収の平均値は約3.7〜9億円です。振れ幅が大きいのは勤務医か開業医かによって変動するからです。

国税庁の調査によると、日本のサラリーマンの平均年収は約467万円と言われています。先ほどと同じようにサラリーマンとして30年間勤務した場合の生涯年収は約1.4億円です。サラリーマンと比べると下限値でもサラリーマンの2倍以上の年収となります。

非常に高収入なのがお分かりいただけると思います。しかし、サラリーマンと比較して責任重大な業務も多く、医師の資格を取得するのも困難です。それだけにやりがいがある、とも言えるでしょう。

生涯年収で言うと、医師は職業別生涯年収ランキングで2位となっています。医師は医療従事者の中でも、職業別で見ても高収入ということですね。

ランキング職業生涯年収(30年)
第1位パイロット約5.1億円
第2位医師約3.5億円
第3位大学教授約3.3億円
第4位大学准教授約2.6億円
第5位記者約2.4億円

看護師の場合

続いて、看護師の平均年収についてお伝えします。看護師の平均年収は492万円です。

(厚生労働省「令和2年賃金構造基本統計調査」による)

こちらも同じように、30年間勤務した場合の生涯年収は約1.5億円です。サラリーマンより少し高い程度ですね。

看護師は女性の方が多いので、ほかの「女性が多い職種」と比較した際の生涯年収について見て行きましょう。

年収生涯年収(30年勤務)看護師との生涯年収の差額
看護師492万円1億4760万円
保育士375万円1億1250万円-3510万円
事務職467万円1億4010万円-750万円
販売員451万円1億3530万円-1230万円
サービス業349万円1億470万円-4290万円

上記の表を見ると、女性にとって看護師は、かなり稼げる職業と言えるでしょう。一番大きい差額は-4290万円と非常に大きな差になっているのがお分かりいただけたかと思います。

このように稼げる理由として「専門性が高く、国家資格が必須で資格手当がある」「夜勤がある」「常に人材不足の業界である」ということがあげられます。

医療従事者の場合

最後に、医療従事者についてです。一口に医療従事者と言っても職種が多いので、今回は身近な「歯科医師」「薬剤師」「理学療法士」に絞って解説していきます。

歯科医師

歯科医師は虫歯の治療は勿論のこと、歯並びの矯正、抜歯やインプラントなど多岐に渡ります。そして、厚生労働省の「令和元年 賃金構造基本統計調査」によりますと歯科医師の年収は平均で約562万円です。

その方の役職や勤務先の病院などで変動しますが今回は平均値で計算します。この年収で30年間勤務したとすると、生涯年収は約1.7億円です。医師には及びませんが、サラリーマンよりは高収入ということになります。

薬剤師

あなたが病院にかかった後に、処方箋をもらうことがあると思います。それを薬局に持って行くと、薬剤師の方が処方箋を元に調剤して薬を出してくれます。他にはドラッグストアで市販薬についてアドバイスしてくれたり、製薬会社で医薬品の製造をしたりしている方もいます。

そんな薬剤師の平均年収は、約499万円です。30年間勤めたとすると、生涯年収は約1.5億円です。看護師とほぼ変わりません。

理学療法士

理学療法士とは、病気、怪我、高齢、障害などが原因で運動機能が低下した人に運動機能の維持・改善をする職業です。患者さんに筋トレをしてもらって運動能力を回復させたり、患部に電気マッサージをして回復を促したりします。

そんな理学療法士の平均年収は約418万円です。30年間勤めたとすると、生涯年収は約1.2億円になります。この値はサラリーマンの生涯年収より多少低い程度です。

まとめ

医療分野には様々な職種がありますが、その中でも医師は断トツで年収が高いことがお分かりいただけたかと思います。しかし、高収入な反面、医師になるハードルも高いため、日々の業務も過酷になるでしょう。

コロナ禍で医療従事者にお世話になった方は多いと思います。予防接種やPCR検査などもそういった方たちがいたからこそできたことです。医療従事者の方たちには、日々感謝の気持ちを忘れないようにしたいですね。

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事