本当に年収アップには転職しか道はない?

仕事をしていて、誰しも一度は転職したいと考えたことがあるのではないでしょうか。年収アップ、新ジャンルへの挑戦や転居、職場への不満など理由はさまざまですが、世の中には転職する方が大勢います。

そのなかでも、年収アップのために転職を考えている人は少なくないようです。しかし、転職によって、年収が下がってしまう場合も少なくありません。そこで今回は、転職の注意点や、転職以外で年収アップを目指す方法についてご紹介します。

転職の注意点

転職における注意点は「年収アップを狙い過ぎてはいけない」ということです。語弊があるかもしれませんが、年収アップを狙うこと自体は悪いことではありません。

しかし、年収アップを狙い過ぎるあまり、全く未経験かつ不向きな仕事を選んでしまうのは避けましょう。日々の仕事が辛くなって結局退職してしまう可能性があるからです。

経験のある業務でも、転職先の会社でその経験が活かせない、転職先の会社が求めるニーズと自分の進みたい方向性に相違があるなどの理由で退職するケースもあります。

また、退職してから転職活動をする場合、貯蓄がないと精神的に焦ってしまいます。焦りから「とりあえず内定をもらえた会社に入ろう」と、自分に合うかどうか吟味しないまま入社し、合わない会社で働く羽目になることも少なくありません。

転職で年収が下がるパターン

ここでは年収が下がってしまうパターンについてご紹介します。まず、年収が下がる理由には次の5つの原因があります。

  • 自分の未経験の分野や、異業種に挑戦する
  • 転職によるポジションの降格
  • 新しい職場で評価を得にくい
  • 入社面接時の交渉不足
  • 賞与・諸手当の確認不足

まず1つ目は自分が未経験の分野、異業種の会社に転職する場合です。スキルや経験が無いので高収入に繋がりにくく、結果的に年収が下がりやすくなります。

2つ目は役職の喪失です。自分が今の職場で役職に就いていたとしたら、転職先でも同じ役職に就けるとは限りません。転職により役職を失ってしまった場合は、手当が無くなるため年収は下がることになります。

3つ目は職場での評価です。転職してすぐだと、新しい職場でまだ活躍できていない状態なので、企業としても今すぐ年収を上げるというのは難しいといえます。しばらくは年収アップの交渉を待った方が良いでしょう。

4つ目は年収の交渉です。面接時は前職の年収や、希望年収を伝える機会があります。そこで高過ぎず低すぎない交渉をすることが重要です。 

しかし、ここで遠慮して希望年収を低めに設定したり、企業があまり高い年収を払えませんとなってしまった場合、年収が下がってしまいます。自分の経験・スキルに合った年収で交渉するようにしましょう。

最後は賞与・諸手当についてです。前職と比較して転職先の企業に賞与が無い、手当が少ないなどの待遇であれば年収の低下につながってしまいますので、よく確認しましょう。

転職以外での年収のあげ方

年収を上げるには、転職以外にも方法があります。ここからは、年収を上げるための方法を3つご紹介します。

昇進・出世する

代表的なものが現在の職場で昇進や出世することです。多くの企業では役職によって手当が支給されており、上級職になればなるほど手当額は大きくなります。これにより年収がUPします。

年収をアップしてほしいと交渉する

次に上司に相談するという方法です。しかし、ただ給料を上げて欲しいというだけでは要望が通りにくいでしょう。そこで、自分が会社に貢献できていると資料などにまとめてプレゼンすると、給料を上げてもらえる可能性があります。

ただし、昇進や出世に比べて増える給料の額は大きくなりにくいので注意が必要です。

副業する

副業も年収をアップさせるのに有効的な手段です。ネットで検索すれば、在宅で出来るたくさんの種類の副業がでてきます。その中で自分の出来るもの、得意なものを副業として継続していけば年収アップも可能です。

ただし、副業を始める前に会社の就業規則を確認しておきましょう。会社が禁止しているのに副業を始めると戒告や減給の対象になってしまう恐れがあります。更に副業での収入が、年間20万円を超えると確定申告の対象になるため、忘れずに申告しましょう。

まとめ

転職は自分の人生を変える大きな決断になる場合が多いでしょう。年収を上げたい場合は、より慎重に判断をしていくことが重要です。しかし、年収を上げることだけにフォーカスすれば、方法は転職だけではありません。

副業であれば自分の得意分野を見極め、適切なプロセスを辿り仕事とすれば転職をせずとも年収を上げることは可能です。一度自分と向き合って転職をするべきか、他の方法を模索するべきか、考えてみてはいかがでしょうか。

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事