収入アップの近道?!企業勤務の看護師のメリットやデメリットを徹底解説!

看護師の仕事は病院やクリニックなどをまず思い出しますが、医療機関はあらゆる場所にあり、看護師の収入アップを考える際にも勤務場所はとても重要な判断材料になります。

そこで今回は、看護師の転職でも注目されている「企業看護師」のメリットやデメリットを詳しくご解説していきましょう。

 

企業看護師とは何か?

企業で勤務する「企業看護師」、または「産業看護師」と呼ばれることもありますが、この看護師は労働者と事業者が自主的に健康支援活動をする際のサポートをすること。

労働と健康のバランスを整えながら、快適な労働環境を整えることが目的の看護師です。企業勤務する看護師は比較的大きな企業が多く、従業員の医療的や看護的なサポートを行い、医療とは関係ないメーカーなどの企業での看護師のニーズも近年とても増えています。

企業看護師は一般的な医療機関で勤務する看護師よりも、全体的な数は少なめです。

どんな仕事をするの?

企業看護師といっても仕事内容は色々。よくあるのは、企業内にある医務室や健康管理室などで健康相談や保健指導、体調不良の従業員のサポートや相談などを行う仕事があります。

医療関係の企業なら、製薬会社と被験者のサポートをする治験コーディネーターや製薬会社の臨床開発モニターの仕事。最近増えているのは、クレジットカード会社や保険会社が顧客に向けたサービスの一環として、電話相談などを行うクリニカルコーディネーターです。

また、ドラッグストアや学校などのヘルスカウンセラーやイベントやツアー旅行で看護を行う仕事もあります。

看護師が転職でよくある後悔事例と後悔しないための転職成功ポイント。こちらから

看護師の転職先のおすすめは?年収や働き方の違いを徹底比較。こちらから。

病棟看護師との違いは何か?

企業看護師の仕事は「病院」か「会社」という勤務場所の違いだけでなく、基本的に仕事内容が異なることが特徴です。病棟看護師はケガや病気の患者さんの診察や治療の補助、さらに療養を手伝うことが目的ですが、企業看護師の場合は、社員の健康管理を行う仕事なので、病気やケガの対処だけでなく「予防医療」も重要な内容のひとつ。

学校の保健室のように、体調が悪くなったら行く場所という位置づけももちろんありますが、企業看護師はどちらかというと予防医療のほうがメインになるともいえるかもしれません。

企業によっては社員の健康管理を「管理部門」と「診療部門」に分けている場合もありますので、現場で活躍しやすいのは診療部門がある企業のほうが多い傾向にあります。

 

メリットについて

企業看護師のメリットは、まず勤務時間が病院とは違うこと。企業の就業時間に合わせていますので、夜勤はなく土日祝が休み、9時から18時までなど、一般的なサラリーマンと同じで働きやすい環境があります。

とくに子育て中の方やプライベートを重視したい人には適した働き方といえますね。そして企業看護師は病棟看護師のように体力的負担が少なく、デスクワークがメインになるケースも多いので、年齢を考えた場合に長く勤務したい人にもよいでしょう。

給与に関しては企業ごとに異なり、資格取得やスキルによって手当が増えることもありますし、ボーナスももらえるので安定した収入が確保できます。実力や経験により昇給も可能なので、さらに年収アップのチャンスも得られるかもしれません。

 

デメリットについて

企業看護師は転職市場でも人気がある仕事。ワークバランスを整えながら看護の仕事をすることが可能なのは、女性にとって魅力的です。しかしメリットだけでなく、企業看護師の場合は夜勤や休日勤務などの手当てがなく、病院勤務よりも収入が減る可能性も。

収入アップを目的に転職する場合は、企業の選び方が重要なコツになるかもしれません。また企業勤務なので、パソコンの利用やビジネスマナーを身につけることも必要ですし、社内以外の取引先企業の人と関わることも増える可能性もあるでしょう。

さらに企業看護師は、病棟のような医療処置を行う場面が少なくなりますので、最新の治療方法や看護のスキルが低下するリスクもデメリットになるかもしれません。

企業によっては看護師がたった一人の場合もあるため、相談できる人がいない、同僚が少ないということに心細さを感じる人もいるでしょう。

 

企業看護師に向いている人は?

企業看護師の需要が増えている今、病院から企業へ活躍の場を変えたいと考えている人もいるでしょう。企業看護師に向いているのはビジネススキルがある人、メールのやりとりやエクセルなどのパソコンスキルを磨くことに抵抗がない人。

また従業員の健康管理や指導は、スケジュール管理がとても大切になりますので、臨機応変に対応するだけでなく事務的能力も備えている人によいでしょう。

さらに従業員の健康相談やアドバイスをするためには、コミュニケーション能力がまず欠かせません。わかりやすく栄養指導することもありますので、経験をフルに活かしてスキルを発揮するよう工夫が求められるでしょう。

看護師免許以外に必要な資格は企業が指定しない限りありませんが、産業カウンセラーや労働衛生コンサルタントなどの資格があると有利になる可能性があります。

 

まとめ

企業看護師は、働く人にとってとても頼りになる存在です。企業によっては病院よりも年収アップは可能かもしれませんので、じっくり勤務条件を吟味して判断してくださいね。

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事