年収1000万円の人の職業、生活レベルとは?目指す方法や割合、実は落とし穴も?

年収1000万円あったら…と夢のような生活を頭に描いている人はたくさんいるはずですが、高額年収を手にすることは決して儚い夢ではなく、現実的に年収1000万円を手にすることができる人は存在します。

一般人とはかけ離れた生活なのか、気になる年収1000万円の人の職業や生活内容、さらに高額年収を目指す方法などを徹底解説していきましょう。

お金持ちになりたい人はこちらをチェック。

年収1000万円が可能な職業とは?

今よりももっと年収をアップさせたいと思っている人は、世の中に決して少なくないはず。景気低迷、時代背景の変化など、あらゆる問題を抱える社会。年収は少しでも多いほうがいいのは当然です。

では夢のような年収1000万円の人は、実際に世の中にどれくらいいるのか?という疑問ですが、国税局の給与階級別給与所得者数の統計によると、平成12年度は女性の場合全体の0.7%。(※注1)

自分の年収額と比較してみても、1000万円を超えるのは楽ではないことは明らかですね。

ではどんな人が憧れの年収1000万円を獲得できるのかというと、職業でみると経営者、医者、パイロット、商社、テレビ局、弁護士、外資系企業コンサルタント、金融アナリストなどが挙げられています。(※注2)

これらの職業に就けば必ず年収1000万円になるということではありませんが、他の職業よりも高額年収が可能になりやすいということ。医者でも年収はピンキリなので、キャリアを積みそれなりの成果を出せる人は、年収も高く期待できるでしょう。

高額年収の人の生活レベルについて

年収1000万円の職業は簡単には就けないものが目立ちますが、一般人が気になるのは生活レベルではないでしょうか。高級外車に乗り、ハイエンドの高層マンションのペントハウスで暮らしている…というイメージもありますよね。

給与水準が高くなると、それなりに付き合いや仕事でもお金を使うことは増え、必ずしも毎月たくさん貯蓄ができるとも限らないようです。とくに都心部に暮らす人の場合、年収1000万円レベルなら住宅費用に月額20万円ほどは使える余裕があるでしょう。

家を購入する場合も、年収1000万円の場合は平均額として5000万円前後の物件を選ぶともいわれています。お金に余裕がないとできない娯楽も、高額年収になると毎月5万円前後は期待できるかもしれません。

年収レベルが高いと生活レベルも必然的に引き上がってしまいますし、金銭価値の違いにより同じ所得でも生活レベルは多様化すると思われます。

 

年収1000万円を目指す方法について

年収1000万円を目指すには、可能性が高い職業に就くことが方法のひとつ。そのためにはキャリアや資格などを若いうちから積み重ねる必要がありますので、社会人になる前からレースは始まっているともいえるかもしれません。

たとえば中高年になってからパイロットを目指そうと思っても、やはりハードルは高くなるでしょう。しかし金融機関で営業職をやっている人が転職して大手の銀行に勤務し、さらにキャリアを伸ばしコンサルタントの資格を取得するなど、現在の自分の能力をアップグレードさせることも可能です。

高額年収が期待できる職業に就くには、新卒でないと難しい場合と転職でも可能性がある場合があります。どの場合でもその職業に就けば安心というわけではありませんので、最終的には自分の努力が成功への基盤になるでしょう。

また最近はベンチャー企業で成功させる若年層も増えていますので、将来的に可能性が高い仕事を見極めることもよいでしょう。

 

高額年収は必ず幸福をもたらす?

お金で幸福が買えるのか?というのは常に頭の中に残る疑問ですが、年収1000万円あれば問題はなんでも解決できそうですよね。しかし年収1000万円を超えると落とし穴もあるので注意が必要です。

まずは税金の問題。所得が多くなるほど税金が高くなる日本。あらゆる補助金は生活が困難な人に向けて用意されたものが多いため、年収1000万円だと支給されないお金も色々とあります。

手取りで考えると、1000万円もらっても税金を引かれたら700~720万円ほどになる場合もあり、派手な暮らしは控えなければならないことも。

家庭の後継合計収入が1000万円の場合と、単独の収入が1000万円の場合は税率が変わることも注意が必要です。また考えておきたいことは、高額年収が期待できる職業は、医者やコンサルタントなどストレスが多く負わされる責任が多いことも共通点。

高額年収になると見栄で派手な生活をしたくなる心理もあるはずなので、決してお金で本当の幸福が手に入るとは言いきれない部分もあります。さらに経済や社会が全て順調な場合は安心ですが、想定外の事態が発生して収入が減ると、高額年収の人たちは生活レベルが維持できないこともデメリットになるでしょう。

 

まとめ

年収1000万円は働くモチベーションにすることはよいかもしれませんが、お金があるほど幸福度が高まるとは限りません。年収アップするためには転職やスキルアップなど、自分の可能性をもっと引き出してみることも現実的には必要なのでしょう。

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事