看護師が転職でよくある後悔事例と後悔しないための転職成功ポイント

看護師は転職が年収アップのチャンスにもなりますので、慎重に自分のキャリアプランを考えてアクションを起こすことが必要です。看護師は慢性的な人手不足があり、求職者よりも求人数のほうが多い状況。

そのため有利に転職できるメリットがありますので、後悔せず転職でよりよい仕事を見つけるコツをご説明していきましょう。

看護師が転職でよくある後悔事例と後悔にないための転職成功ポイント。こちらから。

30代の看護師の貯金事情!看護師の貯金が大切な理由について。こちらから。

看護師の転職理由とは何か?

看護師は仕事が大変な分、高収入が期待できる仕事で長く勤務できることも魅力です。しかし看護師は転職が多い仕事のひとつ。なぜ転職を考える人が多いのか、よくある理由を見ていきましょう。

とても多いのは職場の「人間関係」。人間関係は事務職や販売職、どこでもある問題ですが、看護師は女性が多く先輩や上司と上手くいかない複雑さを感じやすいことが特徴です。

そのようなストレスを毎日経験すると、仕事にも影響を与えてしまうでしょう。そして次に多いのは、給与や待遇面での不満。看護師歴が長くなると、他の医療機関などの職場の話もよく聞くようになり、自分の職場環境の不満点が見え始めてしまうでしょう。

とても責任がある仕事なので、同じ仕事をするなら給料が高いほうがいいのは当然のこと。給与面での不満は、きつい仕事量とのバランスで気づく人も多く、体力が追いつかないために看護業界から去ってしまう人もいるようです。

また女性は出産や結婚など、ライフイベントが転職に影響することも理由のひとつです。

 

よくある転職失敗例について

看護師の転職理由は人それぞれですが、転職しなければよかったと感じる人も少なくありません。よくある事例は、給与の魅力につられて転職したらとても忙しく、今まで以上に激務になってしまうケース。

忙しい職場は必然的に定着率が悪くなり、求人も頻繁に行っている可能性があります。他の求人よりも高い月給や賞与を提示するところは、少し注意が必要かもしれません。

給料が高いのはそれなりの負担があるためで、仕事内容や休日など、勤務内容はきちんと確認することが必要です。そして転職理由でよくある人間関係は、転職先でも結局同じトラブルを抱えて失敗したと感じる要因に。

女性が多い職場でお局様の存在もありますし、上司がとても意地悪だったなど、立て続けに退職者がいる環境だと転職したことを後悔したくなりますね。

 

やりがいを求めすぎると失敗する?

看護師の転職はキャリアプランを見直し、資格を有効に使っていきたいということもあるでしょう。看護師はとてもやりがいがある仕事なので、単調な職場だと転職を考える理由になるかもしれません。

しかしやりがいを求めて転職する場合も必ず成功するとは限らず、人材不足の職場なら引き継ぎや研修がなく、いきなり現場に入って仕事が追いつかないこともあるでしょう。

とくに経験の浅い看護師や、全く違うフィールドの医療機関で仕事を覚えるまでに時間がかかりすぎることも苦痛になるかもしれません。やりがいを満たすためには仕事内容だけでなく、雇用条件や人間関係など、あらゆることのバランスが必要。不満がいくつか重なると、転職して後悔する確率が増える可能性があります。

 

転職先ごとの問題について

看護師は総合病院からクリニック、または内科から美容外科など、転職先の病院や施設の特徴も大きく転職の満足度に関係しています。よくあるのは、クリニックに転職した看護師が失敗したと感じる職場の人間関係。

規模が小さい職場は人間関係が辛くなると逃げ道がなく、居心地の悪さを強く感じるリスクがあります。逆にクリニックから総合病院などに転職した場合は、希望の配属先にならなかったということがよく挙げられます。

 

転職で失敗しないコツとは?

看護師の約半数は転職を意識したことがあるといわれていますので、決して転職は珍しいことではありません。ネガティブな理由だけでなくキャリアアップなど、ポジティブな目的ももちろんありますので、失敗しないためにはまず自分がなぜ転職を考えているのか理由を明確にすること。

不満点や目的は転職先に求める条件にもつながりますので、ただ嫌だから辞めるという状況は回避したほうが無難です。そして転職して後悔する人は、最終的に同じことの繰り返しになる可能性もあるため、まずは現状で改善できることも努力してみましょう。

看護師は転職を斡旋するエージェントやサービスもとても多く、効率的に転職活動をする時にはとても便利。しかしこのようなサービスだけに頼ってしまうと、自分の意志で決断することも少なくなり、転職が上手くいかないと誰かのせいにしたくなるかもしれません。

看護師の求人はたくさんありますので、優先度を考えて吟味すること。気になる転職先は情報収集をしっかり行い、長い目で転職後を考えることも大切です。

 

まとめ

看護師の転職で後悔しやすいのは、給与や待遇、人間関係などが多いようです。それはどの職業にも共通することなので、転職は計画を立ててまずは自己分析してみることも必要かもしれません。

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事