好きなことや趣味を仕事にするのはデメリットもあり!注意点などを解説

はじめに

好きなことを仕事にして働きたいと考える人は多いですが、趣味を仕事にするのは負の要素も知ってから決めましょう。
好きなことを仕事にすると精神面や収入面で、大きなデメリットがあるのです。
今回は趣味を仕事にした場合に起こる問題についてや、仕事にしたい場合にどうするかなど解説していきます。
 

仕事を上手くできるようになるには?こちらをチェック。

 

リモート副業はどうやって始めるの?こちらをチェック。

 

趣味を仕事にすると起こりやすい問題について


趣味である好きなことを仕事として毎日できるのは、イメージ的にはステキに見えます。
実際に趣味を稼ぐ元にすると、好きでなくなってしまうことがあるのです。
好きなことを仕事とすることは、決して良い面ばかりではありません。
 

毎日やるので飽きる可能性がある

好きなことを趣味としてするときは自分のやりたいタイミングに合わせてできますが、仕事となると気が乗らないときでも毎日することになります。
趣味の際は息抜きの意味で好きなときに楽しんでいたのに、仕事で毎日同じことを続けるようになったら飽きてしまうという場合があります。
 
同じ作業を日々繰り返すと作業に対して、だんだんと興味や関心が薄れていきやすいです。
好きなことは毎日長時間しないからこそ、趣味として楽しめるのかもしれません。
仕事として好きなことが義務になると飽きてしまい、好きではなくなってしまう可能性が高いです。
 

満足いく収入が得られない

仕事は生活する資金を得る目的もあるので、暮らしていくためのお金を稼がなくてはいけません。
好きなことを仕事にする際に会社に所属して働くのなら問題ないですが、起業やフリーランスを選んだ場合は収入面に不安があります。
 
自分で仕事を取る働き方は会社員とは違い、軌道にのるまで収入がとても不安定です。
起業した人でやりがいを求め趣味を仕事にしたけれど、食べていけるだけのお金が稼げずに挫折したという例は珍しくありません。
 
自分の好きなことを仕事にするのは悪いことではないのですが、満足いく収入を得られる確証がないのが大きなデメリットです。
 

好きを仕事にするのなら副業としてする

どうしても好きなことを仕事にしたいと希望する人は、本業の仕事ではなく副業の仕事にしてみましょう。
お金を稼ぐための仕事にしないことで、趣味を仕事にしても嫌いにならずに済みます。
 

趣味を副業とするメリット

好きなことを仕事にすると飽きてしまう・収入が不安定になるデメリットがありますが、副業にすればデメリットの心配がなくなります。趣味を副業にすることで得られるメリットは、以下の2つです。
 
●副業は本業の合間にすることになるので、作業に飽きるリスクが低い
●安定した収入源である本業があるので、稼ぐために奔走しなくて済む
 
副業は空いている時間に仕事を行うことになり、毎日長時間の作業をするのと比べると飽きにくい環境です。
1日何時間も同じ作業をしないので、好きなことを仕事にしても好きなままでいられます。
 
本業を持っていれば生活していくためのお金はその仕事で得れば良く、副業の仕事はお金を稼ぐための仕事にしないで済みます。
安定した収入源があるとお金に悩まないで良いので、副業の仕事を楽しめるでしょう。
 

本業とうまく両立するには

好きなことを副業としていくためには、本業の仕事を疎かにしないことが重要です。
本業を一番に考えて、副業の仕事時間は本業に支障がないように設定してください。
 
朝早く起きて本業の出勤前に1時間、仕事から帰ってきて寝る前に2時間など、平日は少しずつ副業するのがオススメです。
土曜日や日曜日にまとまった時間が取れれば、休日の午前や午後などに副業に専念してみましょう。
 
趣味であることだから副業をもっとしたいと思い、平日の深夜まで起きて副業の仕事をするなどしてはいけません。
本業の仕事がきちんとできるように、副業の仕事はそこそこにすることです。
 

やりがいを求めて趣味を仕事にすると陥りやすいこと


好きな趣味を仕事にしたいと思う理由の大半は、仕事にやりがいを求めているからでしょう。
やりがいのために趣味を仕事にしようとすると、やりがい搾取の被害にあってしまう危険性があります。
 
やりがい搾取とは仕事のやりがいを餌にして、取引相手から安いお金でこき使われたりすることを言います。
趣味を仕事にすると仕事内容に見合わない報酬で働かされるなど、良くない労働環境に陥ってしまいやすいのです。
 
趣味を本業の仕事にすれば仕事内容に合わない安い報酬を提示されても、収入確保のためにも容易には断れません。
副業の仕事にしていれば本業で収入が確保できているので、悪い条件のものをきっぱり断れます。
 

趣味をメインの仕事にする際はよく考えて決める

好きなことを仕事にすると飽きてしまう心配や、収入面の不安などがあります。
趣味を仕事にしたいならば、副業の仕事にするのがオススメです。
 
本業としてメインの仕事にするのはデメリットがあるので、よく考えてどうするか決めましょう。
メインの仕事にすると決めた場合でも、やりがい搾取の被害にあわないようにいきなり本業にしないようにしましょう。
副業で仕事として経験を積んでから独立するなど、自分にリスクが低い方向で目指してください。
 

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事