今話題!Vポイント投資のメリットを徹底解説!

楽天や Pontaポイントなど貯まったポイントを利用して、証券会社の口座で投資できるサービスがあります。2022年5月30日より、SMBCグループのVポイントでも投資ができるようになりました。

Vポイントで投資するメリットと始めかたについて紹介します。

Vポイントとは?始めかたについて

Vポイントとは、SMBCグループの提供するサービスです。銀行のさまざまなサービスやキャンペーンで貯まるポイントとなります。

SMBCグループは、三井住友フィナンシャルグループ傘下の複合金融グループです。

Vポイントは、銀行の振込手数料割引や景品交換に利用できます。このほかに「Vポイント」アプリを利用して、店頭やネットショッピングの支払いに利用可能です。また他社のポイントプログラムに移行もできます。

Vポイントは1ポイント=1円として利用できます。

Vポイントを投資するためにはSBI証券の口座開設が必要

貯まったVポイントが投資できるのは「SBI証券」のみです。SBI証券の口座を持っていない場合は、開設する必要があります。

まずSBI証券の口座を開設し(持っていない場合)、次に「Vポイントが貯まる・使えるコース」への変更をおこないます。

コース変更の流れは以下のとおりです。

①SBI証券お客様サイトへログインし、コース変更を申し込みます(申し込み完了後、②までに1~2営業日必要)。

②手続きが完了すると、SBI証券お客様サイトログイン後の画面に「三井住友カードのロゴ」が表示されるようになります。またSBI証券お客様サイトログイン後の【重要なお知らせ】に変更完了の通知も届きます。

Vポイント投資のやり方

Vポイント投資は、三井住友カードを利用しておこないます。ポイント投資ができるのは「SBI証券の取り扱っている投資信託のみ」となります。つみたてNISAやジュニアNISAは利用できません。

一般NISAは利用できますが、一般NISAとつみたてNISAの併用はできません。つみたてNISAをする予定があるなら、利用しないように注意しましょう。

それぞれのNISA非課税枠は以下のとおりです。

 一般NISAつみたてNISA
投資方法スポット購入積立購入積立購入
年間の投資上限額120万円40万円
非課税の期間最長5年最長20年

Vポイントは1ポイントにつき、1円分として投資信託を購入できます。ポイントの使用方法は2通りです。

  • 全部利用する
  • 一部利用する(使用するポイント額を指定)

Vポイント投資で得られるメリット

Vポイントを利用して投資を始めることで、以下のようなメリットが得られます。

  • 貯まったVポイントを有効活用
  • ポイントを利用するため、投資初心者でも始めやすい
  • 三井住友カードと併用できるため、ポイントとあわせて買付が可能
  • 投資を始めることで知識や経験を増やせる

Vポイントは、三井住友カードなどグループのサービスを利用すると貯まりやすくなります。

貯まったVポイントを有効活用

Vポイントは、スマートフォンに「Vポイント」アプリをインストールすると買い物などに利用できるようになります。しかし他社のポイントと比較すると買い物できるところが限定されるため、今まではうまく利用できない人もいました。

使えるところがないと、いくらポイントがあっても無駄になります。Vポイント投資できるようになったおかげで無駄なく活用できるようになりました。

Vポイントを利用するため、投資初心者でも始めやすい

NISAやiDeCoを利用し、投資がより身近になって挑戦しようと考えている人が増えています。しかし知識がないままでは、自己資金を使って投資するのにはハードルが高いと考えている人もいるでしょう。

そんな時にたまったVポイントを使って投資すれば、自己資金はゼロから始められます。投資は少額から始めるのが基本、Vポイント投資なら失うのはポイント分のみです。

三井住友カードと併用できるため、Vポイントとあわせて買付が可能

Vポイントを中心に投資を始め、目に見える形で投資額が増えていけば、さらに投資をしたいと考えることでしょう。今までは、証券口座に現金を振り込んで投資をするのが一般的でした。SBI証券では、Vポイントに加えて三井住友カードでの投資ができます。

クレジットカードを利用するメリットは、必要な資金を証券口座に前もって準備しなくてもいいところです。三井住友カードを使用して投資すれば、利用額に応じてさらにVポイントが貯まります。

投資を始めることで知識や経験を増やせる

投資信託を購入すると、今まで以上に投資への興味がわいてくるでしょう。

実際の値動きを見ることで、社会の流れや投資についての知識を得ようと情報を集めるようになります。本で学ぶより、経験することは知識を深めるうえで大変有効な方法です。

https://research-online.jp/all/save/14156/
https://research-online.jp/all/save/14163/

まとめ

Vポイント投資について紹介しました。Vポイントは、SBI証券の口座で投資できます。

貯まったVポイントで投資信託を始めてみましょう。また三井住友カードを使用すれば、投資をしながらVポイントが貯められます。

「ポイントを使った投資には興味あるけれど、よくわからない……。」

リサーチオンラインでは、投資初心者に向けたアドバイスをおこなっています。お気軽にお問合せくださいね。

 

Twitter でリサーチバンク株式会社をフォローしよう!

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Xでフォローしよう

おすすめの記事