大阪不動産投資ガイド2024:エリア別戦略と見込み

本稿では、日本でも特に注目されている大阪市内での不動産投資にスポットを当ててみました。大阪でなぜ不動産投資が盛んなのか、どのエリアが特に投資に適しているのか、そして成功するための戦略は何か、といった疑問に答えていきます。この記事を通じて、不動産投資の基礎知識から、大阪市内のエリアごとの特徴、成功のための物件選びや管理方法、そして今後の不動産市場の展望まで、幅広く解説しています。不動産投資に初めて挑戦する方も、すでに経験がある方も、大阪市内での投資機会を探求する上で、この記事が貴重なガイドになることでしょう。それでは、大阪の不動産投資の魅力と可能性について一緒に学んでいきましょう!

 

記事監修

当記事は、リサーチオンラインを展開するリサーチバンク株式会社の「不動産投資専門家チーム」によって監修されています。リサーチバンク株式会社では、経済ビジネスの解説、資産運用のコツに関する豊富な経験と知識を有し、多数の顧客へのコンサルティングサービスを提供しております。不動産投資チームによる実績を基に、読者の皆様へ的確な情報をお届けします。

特に、次のような方に読んでいただきたいです
  1. 大阪市内での不動産投資の将来性について理解を深めたい方
  2. 大阪の不動産市場の最新トレンドやエリア別の特性に興味がある方
  3. 2025年の大阪万博など大型イベントによる不動産市場の影響を知りたい方

地方都市における不動産投資の注意点とリサーチバンクのアドバイス
近年、都市部では地価の上昇や立地に関する規制が強化される中、土地の取得が一層困難になっています。また、地方都市ではワンルームマンションが乱立し、市場の過飽和が見られるようになっています。これらの状況は、地方投資を考える際に特に注意を要する事態を示しており、関東地方の主要エリアと比較しても、地方での悪い投資結果が目立ち始めています。地方への投資を検討している方々は、慎重な一歩を踏み出す前に、ぜひリサーチバンクの専門家チームに相談してみてください。

この記事は、大阪市内の不動産投資の魅力と成功戦略について解説した記事です。

  1. 大阪市は、2025年の万博開催や交通インフラの大規模な発展プロジェクト(リニア中央新幹線の開業、北陸新幹線の大阪延伸など)により、不動産価値が長期的に向上すると予想されます。また、外国人観光客の増加が宿泊施設やレンタルオフィスなどの商業不動産への投資機会を拡大しています。
  2. 特に北区・中央区はビジネスと商業の中心として、西区・淀川区は将来性が高いエリアとして、それぞれ不動産投資の魅力的なチャンスを提供しています。これらの地域は、再開発プロジェクトの進行や賃貸需要の高さから、投資価値が特に高いと考えられます。
  3. 成功的な不動産投資には、適切なエリア選定、インフラ整備の動向に注目すること、市場動向を把握して柔軟な投資戦略を立てること、そしてリスク管理を徹底することが重要です。これらを通じて、大阪市内での不動産投資を有意義なものにすることができます。

はじめに:大阪市内の不動産投資概観

大阪の不動産市場:万博2025と不動産市場の機運

大阪の不動産は今、とても人気があります。大阪府全体では人が少しずつ減っていますが、大阪市では若い人たちが増えていて、家やアパートを借りたい人がたくさんいます。大阪市の土地や家の価格は、他の場所よりも安定して上がっています。特に北区や中央区のようなエリアでは、新しいビルや家がどんどん建てられていて、これからも価値が上がると思われます。

大阪が注目されるのは、ただ価格が上がっているからだけではありません。2025年には大阪で万博が開かれたり、新しい電車の路線ができたりと、これから大きなイベントやプロジェクトがたくさんあります。これらは、大阪の家や土地をもっと価値のあるものにするでしょう。

なぜ大阪での不動産投資が注目されるのか

大阪への投資が人気の理由はいくつかあります。大阪は観光地としても有名で、日本だけでなく世界中から観光客が来ます。これにより、特に観光客向けの賃貸ニーズが高まっています。また、大阪はビジネスの中心地でもあるため、オフィスや住宅の需要も増えています。

さらに、うめきたプロジェクトや夢洲地区のように、大阪市内で大きな開発プロジェクトが進んでおり、新しい家やオフィスビルがたくさん建てられています。これにより、もっと多くの人が住みたくなるエリアができ、投資のチャンスも広がっています。

大阪は新幹線や地下鉄、JR線が集まる場所で、どこへ行くにも便利です。このように、大阪は住むのにも、ビジネスをするのにも、とても良い場所です。

このような理由から、大阪での不動産投資は、これからも多くの人に注目されるでしょう。大阪は、安定した賃貸需要、進行中の大きなプロジェクト、豊かな観光資源を持っているため、投資にとても良い場所なのです。

大阪のエリア別特徴と投資ポイント

北区・中央区:成長を続ける中心エリア

大阪市の北区と中央区は、ビジネスと商業の心臓部として、不動産投資の熱いスポットです。特に北区は梅田エリアを中心に、多くのオフィスビル、商業施設、そして高級マンションが立ち並び、大阪の経済活動の中枢を担っています。また、中央区は大阪城公園や心斎橋、難波といった観光名所に近く、ビジネスだけでなく観光客の需要も高いエリアです。

これらのエリアでは、不動産価値の高さとともに、賃貸需要も非常に高いため、投資リターンの期待値も大きいと言えます。再開発プロジェクトの進行により、新たなビジネス施設や住宅が次々と建設されており、地域の価値をさらに高めています。

西区・淀川区:将来性が期待されるエリア

西区は、若者に人気のファッションやカフェが集まるおしゃれなエリアであり、特に堀江や新町といった地域は、住みたい街ランキングで常に上位に名を連ねています。一方、淀川区は新大阪駅を擁し、関西圏はもちろん、全国各地とのアクセスの良さが魅力です。新幹線や多数のJR線、地下鉄線が交差する交通の要所であり、ビジネスのみならず、住居用の不動産投資にも最適なエリアです。

これらのエリアの将来性は、地域内で計画されているまたは進行中の開発プロジェクトによってさらに高まっています。特に淀川区では、新大阪駅周辺の再開発が積極的に行われており、今後の不動産価値の上昇が期待されます。

大阪での不動産投資におすすめの企業3選

ソヴリックコーポレーション

ソヴリックコーポレーションは、築浅の中古不動産投資に特化し、新築に近い品質の物件を低初期費用で提供する不動産会社です。社内一貫体制により迅速かつ個別対応が可能で、オーナーからの信頼が厚く紹介成約率が年間20%を超えています。賃貸管理では賃貸不動産経営管理士によるコンサルティングを実施し、入居者募集や家賃保証、修繕サポートで安心の投資環境を提供。関西エリアに特化し、好条件の中古物件を多数扱い、長期的に安定した収益を見込めます。

プレサンスコーポレーション

プレサンスコーポレーションは、近畿圏を中心に高品質な都市型マンションの開発・供給を手掛けるマンションディベロッパーです。自社プロデュースのプレサンスシリーズは、全国で5,267戸の供給実績を持ち、近畿圏では9年連続で分譲マンション供給ランキング1位を獲得。顧客の大切な資産として高い立地と品質の物件を提供し、賃貸管理から融資サポートまで幅広いサービスで安心の不動産投資をサポートしています。その信頼性とサービスの質の高さから、オーナーからの評価も高く、安定した入居率を誇っています。

大和財託

大和財託は、新築および中古の一棟アパート・マンションの開発・提供に特化しており、不動産投資において高い運用パフォーマンスと利回りを目指す顧客に対して、自由なリフォーム可能性と土地の資産価値の確保を兼ね備えた物件を提供します。また、賃貸管理に特化し、オーナーと入居者双方への迅速なサポートと24時間対応のコールセンターを設置。首都圏中心の物件提供と多数の金融機関との信頼関係により、顧客に合った有利な融資条件を実現しており、顧客からの高評価が多数寄せられています。公式HPでは、入居率97.6%を達成しており、その背景には同社の綿密な管理業務と顧客へのきめ細やかな対応があります。

3. 投資成功のカギ:選び方と管理

3-1.需要に応える物件の選び方

不動産投資で勝つためには、正しい物件の選択が必須です。大阪市で物件を探す時は、まずその地域の人口の増減、人々がどれだけその場所に住みたいと思っているか、そして土地の値段がどのように変わっているかを調べましょう。若者に人気の場所では、おしゃれな小さめのアパートがよく選ばれます。一方で、家族連れにはもう少し広いスペースが必要です。要は、誰がその地域に住みたいかを考えて、そのニーズに合った物件を選ぶことが大切です。

3-2. 空室リスクを減らす管理方法

物件が空いてしまうリスクを下げるには、その物件をもっと魅力的にする工夫が求められます。定期的なメンテナンスや時にはリノベーションをして、物件を常に良い状態に保ちましょう。また、借り手が何を求めているかを理解し、それに合った設備を整えることも大事です。オンラインでの宣伝活動も忘れずに。さらに、家賃はその地域の相場に合わせて、適切に設定する必要があります。

大阪市での不動産投資を成功させるには、選んだ地域の特徴をよく理解し、適した物件を見極める目利きと、その後のしっかりとした管理が鍵となります。

ネットの反応:不動産投資会社に対する口コミ

RiSA

ここでは、実際に該当の不動産会社を利用してみた方の口コミについて紹介します!

サポート体制が手厚いことでユーザーの信頼をしっかり獲得している口コミが多くみられました。

ソヴリックコーポレーションに対する声

20代 会社員

低リスクで中程度のリターンについては、真剣に耳を傾けるようになりました。さらに、私のように不動産投資に詳しくない人でも理解できるよう、投資の基本構造やその利点と欠点について、詳細にわたって説明してもらいました。全体を通して考えた結果、前向きになり、納得がいったため購入を決定しました。

30代 会社員

不動産を超えた幅広い知識で、話を聞く中で説明がとても理解しやすかったです。私の未来の計画について話したときも、適切にガイドしてくれて、信頼できる方だと感じました。相談にも乗っていただき、このやり取りを通じて不動産投資への関心が高まり、担当者の方に魅了されました。その信頼感が決め手となり、購入を決定しました。

30代 公務員

労力や時間をあまり要さず、他の流動性の高い投資と比べて、公務員やサラリーマンの私に適した資産管理方法だと感じています。さらに、細部にわたるフォローアップが行われており、非常に手厚いサポートを受けている状況です。

プレサンスコーポレーションに対する声

30代 デザイナー

プレサンスコーポレーションでのマンション管理に関しては、現時点で安定した入居率を維持しているため、管理サービスに対する不満は特にありません。しかし、空室期間を最小限に抑えるため、時には賃料の削減や礼金の免除を求められることもある点には注意が必要です。

40代 開業医

レサンスコーポレーションがマンションの管理を一手に担っているため、運営に関する煩わしさは感じません。重要書類は自宅に直送され、店舗訪問の必要性もありません。提供される充実したアフターサービスには大いに頼りにしています。

50代 経営者

プレサンスコーポレーションを通じてマンションを運営していますが、彼らの確定申告時のサポートは本当に心強いです。初めての確定申告では不安も多かったのですが、彼らが提供する税理士紹介や、申告に必要な書類の準備サポートによって、スムーズに申告を終えることができました。

大和財託に対する声

30代 公務員

借入総額が増加する中、担当の塩田様が銀行との融資交渉を精力的に進めてくださり、望んでいた条件での融資を実現していただきました。完成した物件の内覧の際には、大和財託の高品質な仕上がりに非常に満足しました。

40代 開業医

融資の面で不安がありましたが、できる限りスムーズに手続きが進むよう条件の調整や交渉をしていただき、結果的に融資を受けての購入が可能となりました。物件の質の高さに加え、大和財託と金融機関との良好な関係が大きな支えだったと感謝しています。

50代 会社員

金融機関の適切な選択から、その機関の視点に沿った予備シミュレーションに至るまで、大和財託と金融機関間の強固な関係や融資に関する深い知識には感嘆するばかりです。

これらの企業の成長とサービスが、今後の不動産投資のトレンドを形成し、より幅広い層の投資家を惹きつける可能性を高めていることが窺えます。安定した収益性と多様な投資オプションが、不動産投資の魅力をさらに拡大させるでしょう。

セカンドオピニオンが明らかにする不動産投資- あなたの投資を守るリサーチバンク株式会社

不動産投資市場は多様なサービスや投資オプションが溢れており、それぞれの不動産投資企業は自社のサービスを市場で最も優れたものと位置づけています。しかし、投資家にとって最適な選択を見極めることは、簡単なことではありません。ここで、リサーチバンクの不動産投資専門家チームの役割が重要になります。不動産投資業界のさまざまな選択肢を客観的に比較分析し、投資家が情報に基づいた決定を下せるよう支援します。業界の最新トレンドや市場データを基に、各投資オプションの長所と短所を明らかにし、投資家が自身のニーズに合った選択をするためのセカンドオピニオンを提供します。これにより、投資家は多角的な視点から投資判断を行い、リスクを軽減しながら安定したリターンを目指すことが可能になります。

リサーチバンク株式会社の「不動産投資専門家チームの第三者視点」を通じて、不動産投資の選択肢を正確に理解し、賢明な投資判断を下しましょう。

ケーススタディ:投資の課題-伊藤順子さんの事例

※本ケーススタディは当事者の同意を得て公開しております。プライバシー保護のため、名前は仮名を使用しています。

プロファイル
  • 名前:
    伊藤順子さん 年齢:38歳 性別:女性
  • 職業:
    IT企業に勤めるシステムエンジニア。専門性を活かしたプロジェクトマネジメントで評価を受け、近年プロジェクトリーダーに昇格。
  • 生活環境:
    夫(主夫)と2人の子供と共に大阪の郊外の一戸建てに居住。趣味は登山と写真撮影。
    当時の投資への関心興味:あり。しかし、具体的な知識や経験は乏しかったようです。家族の将来のための資産形成を考えていました。
  • 投資の経緯:
    良好な生活と資産形成を目指して不動産投資に関心を持ち始める。インターネットで情報を収集し、不動産投資の基礎を学ぶ。初投資として、信頼できる不動産会社を通じて大阪エリアの中古マンションの一室を購入。
  • 当時の運用状況:
    投資開始後、数年間は安定した収益を期待していたが、入居者の頻繁な入れ替わりにより、予想外の収益性の低下に直面。不動産投資のリスク管理や収益向上のため、リサーチオンラインに相談を決意。

    伊藤順子さん×リサーチバンク株式会社

    「不動産投資はずっと遠い世界の話だと思っていました。」伊藤順子さん

    ※(以降、伊藤さんに省略)

    伊藤さんは、家族の未来を考え、資産形成を目指していましたが、不動産投資に関する具体的な知識はなく、市場の変動性に対しても不安を感じていました。インターネットでの情報収集は、その不安を増幅させる結果となりました。

    きっかけは、大学時代の先輩(佐藤真美さん)からの紹介

    大学時代の先輩であり、丸の内の大手金融機関のマーケティングチームリーダーである佐藤真美さんからの紹介で、リサーチバンクに相談。佐藤さんの推薦により、伊藤さんは弊社の不動産投資専門チームとZOOMを介して初めての相談を行い、東京への社内出張時にはリサーチバンクの東京"京橋"オフィス※1で対面ミーティングも実施。
    ※1.現在、リサーチバンク株式会社は丸の内にオフィスを構えております。

    転機:リサーチオンラインの詳細なカスタマイズ提案

    リサーチオンラインの不動産投資専門チームは、伊藤順子さんの独特なニーズと大阪の不動産市場の詳細な動向を綿密に分析し、次のような実践的で具体的な提案を行いました。

    家族向け物件への再投資案

    伊藤さんが目指す家族の未来のための資産形成に焦点を当て、大阪の北区や中央区など、子育て世代に人気のある郊外エリアでの家族向け物件への再投資を強く推奨しました。これらの地域は教育施設や公園が整っており、家族向けの施設やサービスが充実しています。リサーチバンクは、伊藤さんが情報に基づいた決定を下せるよう、具体的な物件リストとそれらの周辺環境の詳細な分析を提供しました。特に、再投資に適した物件の選定にあたり、既存物件の市場価値評価や将来の価値上昇ポテンシャルを考慮したアドバイスを行いました。

    収益性と安定性のバランスに注目したポートフォリオの構築

    伊藤さんの投資目標とリスク許容度を考慮し、長期的な収益と安定性を兼ね備えたポートフォリオを構築することを提案しました。大阪市内外の異なる地域や物件タイプへの分散投資により、リスクを最小限に抑えつつ、キャッシュフローを最大化する戦略を策定しました。リサーチバンクは、具体的な投資先として、新たな開発プロジェクトや将来性の高いエリアを特定し、伊藤さんに合わせたカスタマイズされた投資計画を提供しました。

    資金計画と税務戦略の最適化

    伊藤さんの財務状況を精査し、税負担を最小化しつつ資金計画を最適化するための戦略を策定しました。これには、高金利のローンをより有利な条件で借り換えることによる金利コストの削減、投資用不動産購入のための最適なローン選択、所有構造の見直しによる税務効果の最大化が含まれます。また、物件売却のタイミングや方法に関しても、資産価値の最大化と税効果を考慮した戦略を提供しました。リサーチバンクは、伊藤さんの現在のローン条件を詳細に分析し、より有利な条件の金融機関との借り換えオプションを提示することで、長期的な財務計画の改善をサポートしました。

    リサーチバンクの提案は、伊藤さんが直面する具体的な課題と不安に対し、深い理解と共感をもって対応しました。家族の将来に向けた資産形成を目的とした安定した収益源の確保に向けて、伊藤さんが自信を持って投資を進められるよう、実行可能な戦略と具体的なアクションプランを提供しました。

    伊藤順子さんから皆さんへ

    こんにちは、伊藤順子です。日々、ITエンジニアとしての業務に追われながらも、私は家族を支える大黒柱としての責任を感じています。その一環として、不動産投資の道を歩み始めました。正直なところ、最初は右も左もわからない状態で、どのようにして資産形成を始めれば良いのか、途方に暮れていました。

    しかし、リサーチオンラインの専門家チームとの出会いが、私の投資人生において大きな転機となりました。彼らから受けた具体的なアドバイスと、戦略的なアプローチによって、不動産投資の世界が徐々に明確になっていきました。今では、戦略的に投資活動を進めることができ、それが家族の将来への大きな安心感につながっています。

    もし不動産投資に興味はあるけれど、どこから始めていいかわからない、という方がいらっしゃれば、私は心からリサーチバンクを推薦します。専門家の手厚いサポートがあることで、投資初心者でも安心してスタートを切ることができるんです。実際に私自身がその恩恵を受けていますから、その価値は本当に計り知れません。

    私の経験から学んだことは、リサーチバンクのような信頼できる専門家のサポートがいかに不動産投資において重要か、ということです。初めての不動産投資で成功を収めるには、ただ単に貯金を投資に回すのではなく、市場の動向を理解し、適切な戦略を立てることが必須です。リサーチバンクのサポートにより、私は自分の貯蓄を賢く投資に活用し、家族のための安定した収益源を築くことができました。これは、リサーチバンクが提供する客観的かつ中立的なアドバイスが、不動産投資を考える多くの人にとって、確かな道標となることを証明です。


    重要なポイント

    伊藤順子さんのケーススタディは、リサーチバンクが提供する投資コンサルティングの価値と効果を象徴しています。伊藤さんの成功事例を通じて、弊社不動産投資専門家チームが重視する重要なポイントを以下にまとめました。

    リサーチバンクから伝えたい重要なポイント

    1. クライアントの目標とニーズへの深い理解
    伊藤さんの事例では、家族の将来に対する安心感と資産形成を目的とした投資目標を達成するために、個々のニーズに合わせたカスタマイズされた提案を行いました。クライアント一人ひとりの目標に寄り添い、それを実現するための戦略を共に考えることが、リサーチバンクの基本姿勢です。

    2. 実践的な解決策と戦略の提供
    大阪の不動産市場に関する深い知見をもとに、伊藤さんに家族向け物件の再投資、収益性と安定性に注目したポートフォリオの構築、資金計画と税務戦略の最適化など、具体的かつ実践的な解決策を提供しました。専門知識を活かした戦略的なアドバイスが、クライアントの投資成功への道を切り開きます。

    3. 資金計画の最適化と税務効果の最大化
    伊藤さんの資金計画の見直しやローンの借り換え提案、税務効果の最大化に向けた所有構造の見直しは、投資の収益性を高めるための重要なステップです。リサーチバンクでは、クライアントが財務的な負担を軽減しつつ、効率的に資産を増やしていけるよう、専門的なサポートを提供しています。

    4. 長期的な視点に立ったサポート
    不動産投資は、短期間での成果よりも、長期的な視野に立った戦略が重要です。リサーチバンクでは、市場の動向を見据えた持続可能な投資計画の立案をサポートし、クライアントの資産形成を長期にわたってバックアップします。

    5. 安心して投資を進めるためのパートナーシップ
    伊藤さんのケースでは、不安を感じていたクライアントが自信を持って投資を進められるよう、綿密なコミュニケーションとサポートを提供しました。リサーチバンクは、クライアントが安心して投資活動を行えるような信頼関係を築き、長期的なパートナーシップを大切にしています。

    リサーチバンクは、「いきいきと働く皆さんの暮らしをクラスアップ」していく

    伊藤さんの事例からもわかるように、リサーチバンクはクライアント一人ひとりの成功を最優先に考え、専門的な知識と経験をもってサポートを提供しています。これからも、クライアントの不動産投資が将来的に安定した収益源となるよう、全力でバックアップしていきます。

    まとめ:大阪不動産投資の未来展望

    注目すべき不動産投資エリアとその未来

    大阪の不動産は、今後さらに価値が上がると期待されています。2025年に開催される万博が大阪を世界の舞台に押し上げ、国際的な注目を浴びることになります。万博だけでなく、リニア中央新幹線や北陸新幹線の延伸といった、交通網の大幅な改善も進行中です。これらのプロジェクトが完了すれば、大阪へのアクセスが大きく改善され、長期的に不動産の魅力が増します。

    また、大阪はその美しい観光地で知られ、多くの観光客を引き寄せています。この観光業の発展は、ホテルやオフィスビルなど商業不動産への投資機会を広げ、市場に良い影響を与えています。特に、万博の開催は大阪市内、とりわけ人気エリアにおける不動産投資の未来を明るく照らします。

    これらの要素を考慮すると、大阪での不動産投資は、特に注目すべきエリアでの将来性が非常に高いと言えます。2025年の万博をはじめとする大型プロジェクトが、大阪の不動産市場をさらに活性化させることでしょう。

    大阪市の不動産市場の長期的見通し

    大阪市内での不動産投資に成功するためには、以下の戦略を心掛けることが重要です。

    気をつけるポイント
    1. エリア選定の重要性
      大阪市内でも、エリアによって開発状況や将来性が異なります。投資目的に応じて、成長が見込まれるエリアや安定した賃貸需要が期待できるエリアを選定しましょう。
    2. インフラ整備に注目
      大規模なインフラプロジェクトの進展は、不動産価値に大きな影響を与えます。交通アクセスの向上は、住宅需要だけでなく、商業施設への需要も高めるため、これらのプロジェクトの進捗状況を追っておくことが重要です。
    3. 市場動向の把握
      不動産市場は、経済状況や政策の変化によって影響を受けやすいです。最新の市場動向や政府の政策、地方自治体の開発計画などを定期的にチェックし、柔軟な投資戦略を立てることが求められます。
    4. リスク管理の徹底
      不動産投資には、空室リスクや物件の価値下落リスクが伴います。これらのリスクを適切に管理し、安定した収益を確保するためには、物件の選定から管理まで、慎重な判断が必要です。

    大阪市の不動産市場は、その活性化とともに投資機会が広がっていますが、成功のためには市場の深い理解と適切な戦略が必要です。将来性の高いエリアへの投資、賃貸需要の高い物件の選定、そしてリスク管理の徹底を通じて、大阪での不動産投資を有意義なものにしましょう。

    6-3.地方都市における不動産投資の注意点とリサーチバンクのアドバイス

    近年、都市部では地価の上昇や立地に関する規制が強化される中、土地の取得が一層困難になっています。また、地方都市ではワンルームマンションが乱立し、市場の過飽和が見られるようになっています。これらの状況は、地方投資を考える際に特に注意を要する事態を示しており、関東地方の主要エリアと比較しても、地方での悪い投資結果が目立ち始めています。地方への投資を検討している方々は、慎重な一歩を踏み出す前に、ぜひリサーチバンクの専門家チームに相談してみてください。

    不動産投資にご興味がある"あなた"へ

    経験豊かな不動産投資コンサルタントとのパートナーシップの重要性

    不動産投資は複雑さとリスクが伴いますが、適切なコンサルタントの支援を得ることでこれらのリスクを大幅に軽減できます。コンサルタントは価格交渉や契約最適化など、重要な決定で客観的なアドバイスを提供し、適切な物件選びや賢明な投資決定へ導きます。これにより、初心者も安心して不動産投資を開始し、成功への道を歩めます。

    ※しかし、近年は自称コンサルタントを名乗るブローカーが増え、中には悪質な業者とつながっているケースも見られます。

     特に以下のようなケースに注意し見極める必要があります。
    1. 売主、建物管理、賃貸管理がきちんとしている会社なのか。
    2. 不動産コンサルを名乗る個人ブローカーか。
    3. 保険屋の営業マンと私的に仲が良いというだけで紹介されている会社等ではいか。
    4. 認可を得ていない、オフショア投資会社などからの紹介、等々

    リサーチオンラインを運営する「リサーチバンク株式会社」の不動産投資専門家チームは、上記のような悪質なコンサルタントや個人ブローカーからの被害を未然に防ぐために「客観的な比較と分析」を行います。私たちの知識と経験により、お客様が直面する可能性のあるリスクを明らかにし、安全かつ効果的な不動産投資戦略を提案します。また、不動産投資ローンの「借り入れ可能額」や「特別金利での借り換え」に関する相談もLINEから無料個別相談ができますので、お気軽にご連絡ください。不動産投資以外でもiDeCo、NISAを含む資産運用、年金対策や税金対策に関する個別相談も行っております。

    「女性の相談しやすさ」に特化した資産運用相談サービス「アセット デザイン ラボ」もございますのでお気軽にお問い合わせください。

     

    Twitter でリサーチバンク株式会社をフォローしよう!

    この記事が気に入ったら
    フォローしよう

    最新情報をお届けします

    Xでフォローしよう

    おすすめの記事