気になる!投資家はどうやって情報収集しているの?

本記事を読んでいる方の中には、投資家を目指している方も多いでしょう。投資家になるためには、情報収集が欠かせません。

 

しかし、投資を始めてやる方にとっては、どのように情報収集をすればよいのかが分からない方も多いのではないでしょうか。

 

そこで今回は、投資家の情報収集方法について解説します。投資の情報収集方法が分からない方は、本記事を参考にしてください。

資産形成に関心がある人はこちらから!

投資家の情報収集方法

投資家の情報収集方法として、以下の3つが挙げられます。

 

  • 適時開示
  • 経済紙
  • 企業の投資家向けの広報サイト

 

ここで解説した情報収集内容を参考にしたうえで、自身の投資活動に役立てましょう。

適時開示

投資家の情報収集方法の1つとして、適時開示が挙げられます。適時開示とは、投資の判断に影響を与える重要な会社情報を公表することです。

 

適時開示の内容によっては、株価が大幅に変動する可能性があるので、投資家になったら確認は必ず必要です。

 

例えば、適時開示では、会社の業績予想や増資、重大な事件や事故などを把握できます。いち早く投資情報を把握して利益を得る確率を高めたいのなら、適時開示をした方がよいです。

経済紙

投資家は、経済紙で投資情報を把握しています。経済紙では、社会全体に影響する恐れのある投資情報や経済情報を扱っています。

 

経済紙の場合は、Webメディアとは異なり、独自の取材によって情報発信をしている媒体もあるので、信ぴょう性が高いです。

 

とはいえ、経済紙にも種類が数多く存在するため、どの媒体を読めばよいのかと悩んでしまう方も多いでしょう。

 

経済紙を読む際は、日本経済新聞や地方新聞、日刊工業新聞などを購読すると、世界と日本経済の流れが把握できます。

 

社会全体の経済の流れを把握したいときは、経済紙を読むとよいでしょう。

企業の投資家向けの広報サイト

投資家の多くは、企業の投資家向け広報サイトに掲載している事業内容や業績情報などを参考にしている傾向があります。

 

企業の投資家向け広報サイトには、適時開示に出ていない情報もあるので、銘柄や投資候補先などを決定する決め手につながります。

 

投資に関してより詳細な情報収集をしたいのであれば、企業の決算サイトを確認しておくべきです。

 

資産形成に関心がある人はこちらから!

私たちにも真似できる方法

先ほど投資家の情報収集を解説しましたが、投資経験のない方が先ほどの方法を実践しても内容が難しくて理解できない可能性があります。

 

そのため、ここでは、投資初心者の方でも実践できそうな情報収集方法を解説します。投資初心者でも実践可能な情報収集は、以下の3つです。

 

  • 企業の商品やサービスの評価を確認する
  • 会社四季報を確認する
  • 有名な投資家のSNSやブログを確認する

 

ここで解説した内容を実践して情報収集をおこない、投資家になるための一歩を踏み出しましょう。

企業の商品やサービスの評価を確認する

投資初心者の方でも実践できそうな情報収集方法として、企業の商品やサービスの評価を確認することが挙げられます。

 

商品やサービスの評価を参考にすれば、今後ヒット商品を生み出す企業の目星がつけられるので、適切な投資先を選ぶ判断ができるでしょう。

ただ、企業の商品やサービスを評価している口コミサイトやSNSは、情報が不確かな場合もあります。

 

そのため、投資先を選ぶ判断となった口コミが信ぴょう性のあるものかをリサーチを重ねて確認する必要があります。

会社四季報を確認する

会社四季報は、投資の情報収集へ活用できます。会社四季報を確認することで、業界の株価情報が把握できるので、投資する会社の判断に役立つでしょう。

 

例えば、会社四季報には、上場企業の基本情報や関連会社、株価情報などが幅広く掲載されているので、事細かな企業情報が把握できます。

 

会社四季報を確認すれば、企業情報を明確に把握したうえで、投資先を選べます。会社四季報には、年4回に発行される冊子版とオンライン版があるので、自分が利用しやすいものを購入するとよいでしょう。

有名な投資家のSNSやブログを閲覧する

投資初心者の方は、有名な投資家のSNSやブログを閲覧するとよいでしょう。有名な投資家のSNSやブログを閲覧すれば、その投資家がどの銘柄を選んでどのように売買しているのかが把握できます。

 

検索エンジンで「日本で有名な投資家」と検索するだけでも、さまざまな投資家がでてきます。検索して出てきた投資家の中で自分が興味を持った人物のSNSやブログを閲覧するとよいでしょう。

 

自分が興味を持った投資家のSNSやブログを閲覧して銘柄や売買方法を把握することで、その投資家のような儲けを獲得できる可能性があるからです。

 

投資初心者が自己判断で、銘柄や売買方法を選ぶのは危険です。そのため、初めて投資をする際は投資経験豊富な方のやり方を参考にしたうえで、投資を始めるとよいでしょう。

まとめ

投資家は、主に適時開示や経済紙、企業の投資家向けの広報サイトを活用して情報収集をしている傾向があります。

 

投資初心者の方は口コミや有名YouTuberという部分だけで信用してしまい身の丈に合わない投資を行ってしまっているケース等もある為、気をつけなければなりません。

 

リサーチオンラインでは、投資に関する相談を公式LINEにて受け付けております。また、投資をする上でのご自身の目的設定の行い方や投資全般の基礎教養等を学びたい方はリサーチオンラインの公式LINEにてお気軽にご相談ください。

 

Twitter でリサーチバンク株式会社をフォローしよう!

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Xでフォローしよう

おすすめの記事