投資用不動産と住宅用不動産って何が違う?

本記事を読んでいる方の中で、投資用不動産と住宅用不動産の購入を悩んでいる方もいるでしょう。

 

投資用不動産は基本的に人に貸して自らが収益を得るために購入しますが、住宅用不動産は自分が居住するために購入します。

 

このように投資用不動産と住宅用不動産では、購入する目的が根本的に異なっています。しかし、投資用不動産と住宅用不動産の違いは、購入する目的以外にも存在するのです。

 

そこで今回は、投資用不動産と住宅用不動産の違いについて詳しく解説します。不動産投資に関して興味のある方は、ぜひご覧ください。

 

資産形成をしてみたい人はこちらから!

投資用不動産と住宅用不動産の比較

ここでは、投資用不動産と住宅用不動産の比較をしていきます。投資用不動産と住宅用不動産の主な違いとして、以下の3つが挙げられます。

 

  • ローンの種類
  • 部屋の設備
  • 物件の選び方

 

ここで解説した内容から投資用不動産と住宅用不動産の違いを理解し、どちらを購入するべきかを検討しましょう。

ローンの種類

投資用不動産を購入する際にローンを利用するのであれば、不動産投資ローンを利用してお金を借りなければいけません。

 

不動産投資ローンの借入金額は金融機関によって異なるものの、年収700万円の方であれば、。7,000万円まで借入ができます。目安としては年収の10倍までと覚えておくと良いでしょう。(※1)

 

ただ、不動産投資ローンは住宅ローンより高いお金を貸すので貸し倒れリスクを防ぐために金利を高く設定しているため、高い金利分の返済までしなければいけません。

 

それに加えて、不動産投資ローンは個人の信用度だけでなく、物件の収益性まで融資の判断を行います。そのため、不動産投資ローンは住宅ローンよりも融資の審査が厳しいといえるでしょう。

 

その一方で、住宅用不動産でローンを借りる際は住宅ローンを利用する必要があります。住宅ローンを取り扱う金融機関は多く、金利が低く設定されているので、比較的ローンを利用しやすいでしょう。

部屋の設備

投資用不動産と住宅用不動産では、部屋の設備も異なっています。たとえば、投資用不動産であれば単身者向けで、日当たりや風通しがあまりよくない物件が多い傾向です。

 

一方で、住宅用不動産は家族で住むことを想定して作られているため、全体的に広々とした部屋の作りをしています。

 

物件によっては、駐車場やキッズルームなど室内設備を充実させている建物もあるでしょう。

物件の選び方

投資用不動産と住宅用不動産では、基本的な選び方が異なっています。投資用不動産を選ぶ際は、以下の2つのポイントを心がけてください。

 

  • 人気が高いエリア
  • 管理が行き届いている

 

投資用不動産を購入する際は、駅から徒歩圏内であったり、街の治安が良好であったりと人気が高いエリアを選びましょう。

 

もし、人気がないエリアで不動産を購入してしまったら、空室による利益損失を被ってしまう恐れがあります。

 

あらかじめ人気が高いエリアの不動産を購入することで、損失を被ることなく毎月安定した利益を得られます。

 

また、エレベータの定期点検や管理人体制など管理が行き届いている物件であるのかも確認しておかなければいけません。

 

住人は管理が行き届いている不動産を魅力に感じやすくなるので、管理が行き届いていると空室になりにくいのです。一方で、住宅用不動産を選ぶ際は、以下の2つのポイントに気をつけましょう。

 

  • 不動産価格
  • 間取り

 

住宅用不動産を選ぶ際は、同じエリアで同じような規模の不動産がいくらで取引をされているのかを事前に確認しましょう。

 

なぜなら、適正価格を把握していなければ、相場より高い不動産を購入して損してしまう可能性があるからです。

 

自らが損をしないためにも住宅用不動産の相場価格を把握したうえで、物件を購入してください。

 

また、住宅用不動産は、投資用不動産と比較して間取りが広い傾向があります。そのため、どれほどの間取りで充実した暮らしを実現できるのかを一つの不動産を選ぶ指標として考えるとよいでしょう。

まとめ

投資用不動産と住宅用不動産では、購入する目的やローンの種類、部屋の設備、物件の選び方など多種多様な異なる部分があります。

 

投資用不動産を購入することで得られるメリットが大きい場合もあれば、不動産用住宅を購入したほうが得に感じるかもしれません。

 

本記事で投資用不動産と住宅用不動産の明確な違いを理解したうえで、どちらの不動産を購入するべきかを決めましょう。

 

また、本記事を読んで不動産投資を始めようと考えた方がいるかもしれません。リサーチオンラインでは、投資や資産運用の相談を受け付けています。資産運用に関して興味のある方は、ぜひご覧ください。

 

Twitter でリサーチバンク株式会社をフォローしよう!

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Xでフォローしよう

おすすめの記事