ヘルスケア市場が熱い!次世代のヘルスケア産業の市場規模が拡大している理由

はじめに

ヘルスケア市場は、人間が健康に生きていく以上なくなるものではありません。近年ヘルスケア産業の市場がとても熱く、拡大しつつあるのはご存知でしたでしょうか。
そこで今回は、ヘルスケア市場が注目されている理由について詳しくご解説していきますので、今後のキャリアとして興味を持っている人もぜひ参考にしてくださいね。

CO2削減で脱酸素社会!アメリカなどで売買が進む二酸化炭素ビジネスとは。詳しくはこちら。

宇宙ビジネスの将来は?世界中が加熱する理由や今後の市場予測!詳しくはこちら。

ヘルスケアビジネスとは?


ヘルスケア市場を動かすものは、関連商品やサービスなどを提供している企業や機関が土台になっています。ヘルスケア市場は昔とは違い、あらゆる情報やデータが手軽にスマホなどで確保できる時代のため、さらにニーズが高まっているといえます。
ヘルスケアビジネスというと、少し大雑把でピンとこない人もいるかもしれませんので、まずは概要について詳しくご解説していきましょう。
ヘルスケアに関するビジネスとは、一般的に医薬や医療で提供されるサービス。体調管理や健康維持など、直接的な医療行為ではないことも総体的に含んだ言葉として使われています。
最近では時代背景が大きく変わってしまったことにより、あまり健康に興味がなかった人からもニーズが高まっているヘルスケア。身近なビジネスとしてはドラッグストア、介護サービスや美容なども含まれています。

ヘルスケア市場の動向と将来の予測について

ヘルスケア市場が今どのように推移しているかをご説明します。国内のヘルスケア市場は2013年は16兆円、2020年は26兆円、さらに2030年には37兆円になるとの予測。
世界の市場を見ても、同じように過去からどんどん市場規模は大きくなり、海外のヘルスケア市場をトータルすると2013年には163兆円、2030年には525兆円になると見込まれています。
日本の少子高齢化により医療者が増加すると見られ、国内ではヘルスケア関連の市場が製造業や小売業を抜いて将来的にはトップになる重要な存在に。
経済産業省が力を入れるヘルスケア産業政策の方向性と、ヘルスケアビジネスは共通点もありますので、国が掲げる政策との領域が重なりビジネス的には今後も参入しやすいジャンルになっていくのでしょう。

長生きする人が増え労働人口が増加!

日本は人口減少が2011年頃から始まっているといわれていますが、今後も少子化のために減少傾向は続くと考えられます。高齢化社会に向けてあらゆる対策が進められ、「生涯現役」という言葉が生まれるように、健康的に高齢でも自立で暮らせる社会に注目が集まっているのです。
ヘルスケアが充実すると長生きできる人も増え、さらにヘルスケア市場は拡大。健康寿命が延びるとそれだけ労働人口も増えますので、企業としてもヘルスケアを積極的に福利厚生に取り入れる動きも増えてくるでしょう。

投資家からも注目されるヘルスケア市場

ヘルスケア市場は利益重視ではなく土台には市民の健康を促進し、医療機関の負担削減という目的があり、地域社会との連携によりさらに暮らしやすい生活が期待されます。
ヘルスケアビジネスを行う企業は「環境、社会、ガバナンス」の3つの観点を配慮しているため、投資家からも評価が高いことが特徴。株主が増えれば企業運営もさらにスムーズになり、ウェルネスに関する研究や開発にも力が入るというよいサイクルが期待できますね。

ヘルスアプリが普及していること


ヘルスケア市場を盛り上げる「アプリ」。スマホのアプリやフィットネスウォッチ、エクササイズトラッカーは、さらに健康意識を高めるチャンスを与えてくれます。
ブレスレット型などのウェアラブルの市場は、ヘルスケア分野でも期待されるもの。台数は2015年2800万台だったものが、2020年は1億4000万台販売され、2025年には2億5300万台と世界的に注目されています。
通称「スマートウォッチ」と呼ばれるデバイスは主要なメーカーだけでなく、家電メーカーなども参入し、手軽に自信の健康管理ができるように。
病気予防、健康維持、運動不足の解消など、使用目的はさまざまですが、ウェルネスを意識するよいきっかけになっていることは間違いありません。

ネット通販でヘルスケアグッズが売れる時代!

ヘルスケア市場規模がどんどん拡大しているのは、実店舗であらゆる商品やサービスを購入するだけでなく、ヘルスケアに高度で効率の高いインターネット市場が関係していることも理由です。
世界のヘルスケア関連のものは、2030年には4800億ドルもの価値が見込まれるといわれ、年平均の成長率は約14%。ネット市場でこれほど売れ続けるものは、アパレルやエンタメ関連と比較しても、断然ヘルスケアは強いといえますね。
たとえば体重計。どこにでもあるアナログの体重計からデジタルに変わっている今の時代。体重を測定するだけでなく体脂肪、BMIなどの健康指数がすぐにわかるものが普及し、手軽にネットで購入が可能になっています。
高速インターネットへアクセスが可能になっていくと、さらにヘルスケア市場でもあらゆるものが登場し、ネットを使ったヘルスケアビジネスも促進されていくのでしょう。

まとめ

ヘルスケア市場がどんどん拡大すると、国全体の健康意識が高くなり、さらに安心して暮らせる生活が期待できそうですね。まずは普段の自己管理に役立つツールなどからぜひ使ってみませんか。

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事