BTSの経済効果は一体いくら?2021年10月にはロッテとのコラボガムを発売!

はじめに

BTSの経済効果は、エンターテイメント業界だけでなく、各方面にも多大な影響を与えています。
曲名や歌っている人の名前がわからなくても「あ、この曲知っている!」というほど、世界的にヒット曲が浸透しているBTS。
そこで早速ですが、止まらない人気の秘密や経済的に強い影響を与える背景について、詳しく検証していきましょう。
 

シン・エヴァの興行収入はいくらだった?配給会社の実績結果も!こちらをチェック。

 

アイドルマスター「アイマス」の経済効果がすごい!アイドル文化が世の中に与える影響はこちらをチェック。

 

BTSとは?


BTSを知らない人は今やほとんどいないかもしれませんが、ざっとBTSの概要についてまずはご説明します。
BTSは日本語で「防弾少年団」と呼ばれる韓国の7人組男性ヒップホップグループ。
 
「アーミー」という公式ファンクラブ名は世界的に有名で、日本にも熱烈なファンが多いですよね。
BTSは2013年6月にシングルアルバムの「2 COOL 4 SKOOL」から「NO MORE DREAM」でデビュー。
 
ダンスパフォーマンスに定評があり、日本でオリジナルアルバムを発売したり、アメリカのあらゆるミュージックアワードで受賞したり、とても注目されているグループです。
 
2021年5月には、アジア人グループとして有名なローリング・ストーンの表紙を飾ったこともニュースに。
あらゆる記録を破り、大ヒット曲「Dynamite」は、ミュージックビデオ24時間で再生1億820万回を記録しています。
 

ビルボード1位の経済波及効果について

米ビルボードの「HOT100」といえば、マイケル・ジャクソンやマドンナなど、歌手なら誰もが夢見ることでしょう。
BTSの経済効果は、まず米ビルボードでの1位獲得がかなり大きな理由に。
 
英語曲の2曲目としてリリースされた「Butter」は、2021年5月に発表され、7週連続で首位をキープしています。
通算9回目の1位獲得にもなったようですね。
 
英語であることや、マイケル・ジャクソンの名曲をオマージュしたことで、アメリカをはじめ欧米でとても親しみのある曲として大ヒット。
 
米ビルボード誌での1位獲得によるBTSの経済効果は、食品や衣料品、化粧品などの関連商品の輸出で、3700億ウォンの増加額にのぼると試算されています。
 
コラボする商品はどんどん完売。
アメリカのマクドナルドでも、BTSコラボのセットメニューが期間限定で販売されるほどでした。
これもビルボードでの高評価がかなり話題性を集める理由になっているのでしょう。
 

Dynamiteは1523億円の経済波及効果


初めての英語曲の「Dynamite」は、米ビルボード誌のHOT100で初めて1位を獲得した曲で、TVCMをはじめK-POPや韓流コンテンツに興味を持つ人が一気に増えた理由にもなっています。
 
このヒット曲の経済効果は、韓国政府が発表したところによると、なんと日本円で1523億円。韓国では国家的なプロジェクトとして、映画やアイドル育成などを行っており、コンサートやライブが制限される中でもBTSの経済効果は衰えるところがないといわれています。
 
オンラインでのライブや関連商品の販売など、このヒット曲のおかげで韓国国内には8000件近い雇用を創出するとの試算結果でした。
曲の販売額が360億円、関連商品で540億円、食品飲料などで160億円。
 
海外での経済効果は含まれていないため、世界的に考えると、BTSの存在は各市場を活気づける大きな存在であることは間違いないでしょう。
 

ロッテの新商品の狙いについて

2021年10月に、ロッテとBTSがコラボしたガムを発売すると発表。
商品名は「キシリトールガムベリーミックス7」「キシリトールガムピーチ」です。オープン価格で129円前後の予定のようですね。
 
すでに第一弾として「キシリトールガムBTS Smileボトル」がフルーツ味のアソートタイプで販売されていますが、今回第2弾は14粒入りのスティックタイプ。
 
BTSは初の韓国人アーティストとして、グラミー賞のベストポップデュオ/グループパフォーマンス(BEST POP DUO/GROUP PERFORMANCE)にノミネートされ、さらに単独でステージライブを行う型破りな存在です。
 
人気が衰えないBTS。経済効果を狙うロッテは、スティックタイプで手軽に購入しやすい価格帯にして、若年層のファンに向けた商品にしてあるようです。
 
さらに商品のパッケージには、それぞれのメンバーが描かれているので、推しメンをサポートしたいファンが購入することも狙っているのでしょう。
 
さらにキシリトールガムの「虫歯のない社会」というコンセプトを届けるため、不安な世界の状況だからこそ、BTSの笑顔を見ながらガムを噛んでほしいという思いがあるのかもしれません。
 

JUNG KOOKのヴィトンのセーターが完売!

BTSのメンバー JUNG KOOKが「Billboard 2021 Limited Edition」の表紙の撮影で着用したグリーンのルイ・ヴィトンのミンクファーセーター。
 
とても高級感があり、すぐさま撮影カットが公開されてからSNSでブランド情報が共有され、ルイ・ヴィトンの公式サイトでセーターを販売しました。
 
結果21か国で品切れになり、新作商品でありながらすでに完売状態。
セーターの値段は272万8000円という高額商品なのですが、さすがBTSの経済効果は予想以上の強さがありますね。
 

まとめ

BTSの経済効果は韓国、日本、中国などのアジア諸国だけでなく、欧米でもあらゆる市場に刺激を与えているようです。
新曲がリリースされるたびに、今度はどのような話題を振りまくか、今後の人気ぶりは韓流ファン以外もつい注目してしまいますね。

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事