スウェーデンでは性教育を5歳から学ぶ!?その深い理由を解説

スウェーデンは性教育先進国

性教育先進国として知られるスウェーデンでは5歳から性教育を行っています。多くの方が勘違いしているのは、性教育は性行為そのものではないことです。幼児に性行為自体を直接的にフォーカスして教えることではありません。
 
異性と一緒にいたいという気持ち、手をつなぎたいといった気持ちを抱く場合にどう向き合っていくべきかについて学んでいく必要があります。自分の気持ちや相手との気持ちとの向き合い方についてはスウェーデンではしっかり教えていく方針です。
 
スウェーデンではおもちゃの話しと性の話しは同じ分類であると考えています。自分と他者との境界線をはっきりさせながらコミュニケーションや交渉のスキルを練習することによって、将来的な複雑な人間関係や出来事にも対応することを目的としています。
 
決して性についての知識を深めていくことを目的としておらず、実生活を送るにあたって必要な能力を身につけていくことを目的としています。 
 

日本のLGBTQ+への考えや市場規模はこちらをチェック。

 

最近よく耳にするSDGsとは?日本の経済効果はこちらをチェック。

 

日本は性教育後進国    


日本はスウェーデンと比べると性教育が遅れているのは間違いありません。日本の性教育は学校の方針や地域差があるものの、中学生向けにセックスや性交という言葉は使うことがありません。性的接触といった遠回しに表現するのが特徴です。
 
性教育の遅れによって大人の性知識も曖昧模糊としているため、性やセックスに関しての悩みも多くなってしまうものです。不妊の原因となったり性感染症になったりといった場合に誰に相談をすればよいか分からないことも多くなるものです。
 
いちがいにスウェーデンと日本の性教育のどちらが優れているかは断言できないものの、事前に問題を解決するためには早めに性教育を行うのが適切といえるでしょう。
 
性やセックスに関して気軽に誰かに相談ができるようにするという意味においても性教育を早めに行うのは効果的です。安全を守るスキルにもつながっていくものです。
 
生殖器も自分のからだの一部として認識することの意味は大きいです。
 

スウェーデンでは性教育は特別なものではない    

スウェーデンでは性にポジティブでオープンであるのが特徴です。日常生活においてのルールの延長線上であるという認識であるものの、性に関することを話してもよいということを学んでもらうのが目的です。
 
必要なときに性に関して恥の概念がなく、話すことが実生活を送ることにあたって必要なものです。性に関して恥ずかしいから人前では言えないという意識を持ってしまうことが、自分を守ることにもつながっていきます。
 
性教育を特別なものとせず、恥を植え付けることなく境界線をはっきり認識してもらえるように伝えるのも特徴です。長年の習慣を変えるのは簡単ではないからこそ、スウェーデンでは幼少期から性教育を行うことに意味があると考えています。
 
日本では性教育を行うことは特別なものという認識があるものの、自分の気持ちや相手の気持ちをしっかり考えての行動をするためのプロセスのひとつとなります。
 

性教育な話はおもちゃの話と同じ

性教育の話しは日本では特別なものとされているものの、スウェーデンではおもちゃの話しをするのと同じものです。大人になってから性交渉を行う場合に、気が乗らないのに応じた経験のある方は半数を大きく超えるのが日本です。
 
さらに避妊に関しての基本的なこともほぼ話し合うことができていません。これは日本の性教育が遅れているのもひとつの要因となります。早めに性教育を行うことによって、恥の概念だけは脈々と受け継がれてきた日本とは異なる結果となったものです。
 
どんな年齢からでも自分の感情としっかり掴み、相手の感情もしっかり加味していけるようにんまるものです。性に関する事柄は大事なことで、最低限必要なときに少しずつ話せるようになるのが望ましいです。
 
大人になってから性的同意を一緒に考えられる相手と出会うものです。そのときにちゃんと本音を伝えられるかどうかによって未来が変わる可能性もあります。
 

スウェーデンで性教育を早くから学ぶ理由


スウェーデンで性教育を早くから学ぶ大きな理由は広く理解をして行き渡らせることを目的としているためです。かつてはスウェーデンで性教育を若者にすることに反発の声もありました。
 
今現在でも試行錯誤の連続ではあるものの、望まない妊娠を防いだり性感染症にかかるリスクを軽減したりと重要な効果をもたらすものです。
 
インターネット上で性的コンテンツに簡単に触れることができる現在の状況において、早めに性教育を行うのは大きな意味があります。知識を持たないことによって性やセックスに関してのさまざまなトラブルを招く結果にもなりかねません。
 
日本では性教育に関して遅れており、性やセックスに関してのリアルな声を聞く機会はそうあるものではありません。性に関しての問題は迅速に解決を図るのが望ましいものの、相手あってのものであるのも忘れてはいけません。
 
お互いが性やセックスに関しての知識を有することによって、問題解決が早まるものです。
 

日本ではまだまだ性教育を話せない環境

日本は他国と比べると性教育を話せない環境にあり、人知れず性やセックスに関しての悩みを抱える方も多いものです。自分の性やセックスについての知識が乏しく、相手との関係を築くのにマイナスに作用することも考えられるものです。
 
実生活を送るにあたって性やセックスに関しての問題にぶつかることも少なくありません。性感染症やコンドームなど、正しく性に関しての知識を持つことで未然にリスクを防ぐことができます。
 
大人であっても性知識が乏しい場合も少なくありません。だからこそスウェーデンで性教育を早くから行って正しい性知識を持つことを重視しています。性感染症にかかって不妊の原因となる可能性もあります。
 
生理痛を我慢することで子宮内膜症などの病気を放置することにもなりかねません。さまざまなリスクが生じるからこそ、気軽に性やセックスに関しての悩みについて相談ができる環境を作ることにスウェーデンでは余念がありません。
 

 

Twitter でリサーチバンク株式会社をフォローしよう!

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事