あなたは知ってる?メタバースと仮想通貨の関係

インターネットの発展により、世界中の人々と簡単にコミュニケーションがとれるようになりました。コミュニケーションツールのひとつとして、大きな注目を集めているツールが「メタバース」です。

ここでは、メタバースの概要と仮想通貨との関係について解説していきます。

メタバースとは

メタバースとは、インターネットで世界中の人々と交流する仮想空間です。基本的には「アバター」を使い、ゲームや商売などのコミュニティに参加します。

ちなみに、メタバースは以下の2つの言葉を組み合わせた造語です。

  • 「メタ(超越する)」
  • 「バース(宇宙)」

遊びとしてだけではなく、ビジネスのツールとしても使われつつあり、さまざまな可能性を秘めています。メタバースは現実世界と比べて制約がありません。なぜなら、大規模な移動が必要な遠方に住んでいる人とも、アバターを通して簡単に巡り会えるからです。

Facebookもメタバースの要素をアピールするため、会社名を「Meta(メタ)」(※1)に変更しました。今後も、世界中の企業が導入すると予想されています。

メタバースと仮想通貨の関係

メタバースは、仮想通貨と関係が深いツールです。仮想通貨とは、インターネット上で取引されるデジタル通貨を指します。ここでは、メタバースとどのように関わり合っているのかを解説します。

メタバースでNFTが取引されている

たいていのメタバースでは、NFTで作った商品を取り扱っています。NFTも仮想通貨と同じように、「ブロックチェーン」を用いたデジタル技術です。これまでのインターネットは、サーバにさまざまな利用者の情報を集めて管理していました。

ただし、一箇所に個人情報を集めると、サーバ攻撃を受けた際に何千もののデータが流出する危険もあります。利用者が自分自身で情報を管理するため、誰にも改ざんできないシステムが作り出されました。こうした過程で誕生した技術がブロックチェーンです。(※2)

NFTは、インターネットにてアートやゲームなどとあらゆるツールに使われています。例えば、NFTゲームでは「アイテム」や「キャラクター」も自分で作ることが可能です。商品の著作者と記録が残り、売買されると資産に変わります。

これらを取引する際に用いられる通貨が仮想通貨です。つまり、メタバースはNFT商品を売買する場所の一つとして挙げられます。

メタバース関連のおすすの通貨

仮想通貨にはいくつも種類があるため、どれを所有するべきか迷う人も少なくないでしょう。ここでは、メタバースと相性のいい通貨について3点紹介します。

  • エンジンコイン(ENJ)
  • イーサリアム(ETH)
  • SAND

それぞれの特徴をしっかりと押さえましょう。

NFTゲームで頻繁に用いられる「エンジンコイン」

エンジンコインは、「エンジンプラットフォーム」で生成されるデジタル通貨です。エンジンプラットフォームは、NFTアートやNFTゲームをつくる代表的な場として挙げられます。(※3)つまり、エンジンコインもNFTに大きく関わる仮想通貨です。

メタバースは、NFTアートやNFTゲームを積極的に採用しています。エンジンコインを保有すれば、NFTの生成と取引もスムーズです。メタバースで仮想通貨の投資を考えている人は、優先的に持っておくといいでしょう。

エンジンコインを日本円で換算すると「1ENJ(エンジンコイン)=約137円」(※4)です(2022年5月1日11時時点)。とはいえ、仮想通貨は時期に応じて変化も激しい点が特徴です。ニーズや発行量によって、価値が大幅に上下することも考えられます。

代表的なアルトコインである「イーサリアム」

NFTを取引するうえでは、一般的にアルトコインの「イーサリアム」が使われます。ビットコイン以外の仮想通貨をすべてアルトコインと呼びますが、なかでも取引量が最も多い仮想通貨です。(※5)

イーサリアムは、2022年5月1日11時時点では「0.001ETH(イーサリアム)=約356円」(※6)のレートで交換できます。しかし、上述したとおり仮想通貨は安定しないため、金額も頻繁に変わることを押さえておきましょう。

イーサリアムがメタバースと相性のいい理由は、「需要の高さ」です。将来的に価値が変わる可能性はあるものの、売買や通貨の交換で頻繁に使われます。メタバースを使う際には、ウォレットを開設しておくといいかもしれません。

ゲームの「The Sandbox」で使われる「SAND」

SANDは、NFTゲームの一つである「The Sandbox」のみに用いられています。(※7)こちらのゲームはクエストのクリアを目的とせず、ユーザーと仮想空間を探索したり、NFTでミニゲームやアイテムを作ったりして楽しむスタイルです。

このようなゲームを「サンドボックスゲーム」と呼び、主な例として「Minecraft」が挙げられます。SANDの保有は、「The Sandbox」を利用するうえで欠かせません。確かに、通貨自体は「The Sandbox」でしか使えないものの、イーサリアムとの交換も可能です。

加えて、サービスの利用者も増えている(※8)ことから、取引量も多くなる可能性があります。なお、海外取引所でしか扱っていませんが、日本円とも交換されています。(1SAND=約255円(2022年5月1日11時時点))(※9)

まとめ

メタバースにとって、仮想通貨は非常に重要なツールです。現実世界のみならず、仮想空間が新たな市場になりつつあります。ビジネスのあり方も、将来的にみると大きく変わるかもしれません。メタバースを利用する人は、特に関係の深い仮想通貨を調べておきましょう。

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事