ビジネスマン必見:本の解説と要約「新版 科学がつきとめた「運のいい人」」

この本について

  • ジャンル:心理学、自己啓発、科学
  • 著者:中野 信子
  • 出版社:サンマーク出版
  • 本のリンク:新版 科学がつきとめた「運のいい人」 Kindle版
  • 導入文:「新版 科学がつきとめた「運のいい人」」は、運とは何か、そしてどうすれば運のいい人になれるのかを科学的に解明しようと試みる中野信子の画期的な著作です。この本は、脳科学の知見を基に、運を引き寄せる具体的な行動パターンや思考法を解説しています。

本書の要点

運のいい人の特性

運のいい人は、運を多くキャッチでき、不運を防ぎ、不運を幸運に変える能力を持っています。この本は、そうした人たちが共通して持つ特性と、物事の捉え方、考え方について解説しています。

現状を生かす重要性

運のいい人は自分の現状を最大限に生かす考え方をします。自身の個性や状況を活かすことが、運を良くする近道であると強調されています。

思考と自己イメージの力

ポジティブな自己イメージと運がいいと思い込む力は、運を良くする上で非常に重要です。これらは、良い結果を導く方法や事象の捉え方に差を生み出します。

目標設定と幸せの追求

具体的な目標を持ち、自分なりの幸せの物差しで目標を決めて追求することが、運のいい人になるためには大切です。偶然の幸運も、明確な目標を持っている人に生まれやすいと述べられています。

脳の特性を活かす

脳は新しい刺激に対して高い反応を示す性質を持っています。この特性を活かし、常に新しいことに挑戦することが、学習や目標達成へのモチベーションを高めます。

生活の姿勢と行動

運のいい人になるための行動や姿勢は、自分を大切にし、ポジティブな思考を持つことが重要です。これが、運を良くし、目標達成につながる重要な要素であると述べられています。

脳を活用する方法

具体的な目標を設定し、新しい刺激を脳に与え続けることが、運を良くし、目標達成の鍵となります。途中で飽きないよう、脳の特性に合わせた方法を選ぶことが勧められています。

本書の要約

「新版 科学がつきとめた「運のいい人」」は、運の良さを科学的に分析し、それを日常生活に活かす方法を提案する中野信子の著書です。運が良い人とは、ただ幸運に恵まれる人ではなく、運を引き寄せる特定の思考パターンや行動を持つ人々のことを指します。この本は、ポジティブな自己イメージの持ち方、具体的な目標設定の方法、そして脳の特性を活かした学習法や生活の姿勢について、読者に有益な洞察を提供します。運を良くする方法を科学的に理解し、実生活に適用したいと考える人にとって、この本は貴重なリソースです。

最後に

この本から学んだことを活かし、運のいい人になるための第一歩を踏み出しましょう。ポジティブな思考を持ち、具体的な目標に向かって行動することで、運は自然とあなたのもとへと引き寄せられます。日々の生活の中で小さな変化を加えることから始めてみてはいかがでしょうか。

 

Twitter でリサーチバンク株式会社をフォローしよう!

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Xでフォローしよう

おすすめの記事