労働者のままでは幸せになれない?!資本家になるためのステップやコツについて
Trader teamwork making stock market analysis inside hedge fund office - Senior man boss sitting on wheelchair while discussing business strategies - Finance and trading concept - Focus on face

資本家になるには、まずは自分の考え方や価値観と向き合い、効率的に資産形成するテクニックを身につけることが大切ですね。かつてベストセラーになった「21世紀の資本」でもいわれたように、資本の収益率は賃金の成長率よりも大きいという考え方は、労働者マインドから解放されるアイデアになるかもしれません。
そこで今回は、働きがいのあるライスタイルを送るために、資本家になるためのステップについて詳しくご解説していきましょう。
 

そもそも資本家とは何か?

資本家の定義は、資本金を所有している人でそのお金を投下して事業経営や人材の雇用をすること。または広く資金提供をする人とされています。
資本家と資産家は似たような印象を持つ言葉ですが、資本を所有して使う人が「資本家」、保有資産が1億円以上の人や一族を「資産家」としています。
一般的に富裕層と呼ばれる人は、現金などの純金融資産を1億円以上保有するという定義がありますので、資産家の保有する資産は金融資産や実物資産を問わないことが特徴。
資本家の主な特徴としては、不動産など実物資産を多く保有している、代々資産を引き継いでいる場合など。資本家や資産家、あらゆるジャンルがありますが、一般的に「お金がある人」とは現金以外の資産保有が多いことも特徴といえますね。
資本家はビジネスオーナーとして活躍する人も多く、投資家よりも会社経営に近い存在でもあります。

給与だけは将来不安!

給与所得者だけでは将来幸福になれないのは、どのような職業も絶対に安定できるとは限らないため。大手企業が倒産する今の時代、給与だけでは不安になるのは当然なのです。
また年齢を重ねるごとに、若い頃のようにがむしゃらに働くことは体力的にも難しくなりますよね。将来のことをふまえると、お金をもらう労働者よりもお金を「作り出す」資本家意識も大切なのです。
与えられた環境で質素に暮らすことも幸福には違いありませんが、少し努力すれば経済的な豊かさが手に入る可能性はあるということ。そのためにどうするべきか、知っておくことは決して無駄ではないのです。

資本家になるためのステップ

資本家になるためにはお金を作る立場になることが必要ですが、わかりやすいのは会社の「オーナー」になること。もしくは会社の株式を保有して、その会社の資本家になることも方法です。
しかしサラリーマンがいきなり会社を立ち上げるのは難しいため、資本家へのステップとしてまず「投資」を始めることがオススメ。「働かずにお金を稼ぐ」という感覚は資本家に必要なこと。投資は労働者と経営者という立場にたとえると、間違いなく経営者の存在です。
しかし投資はお金を作るという考え方よりも、ギャンブル性やリスクなど、デメリットに不安を抱く人が多いことも事実。その不安を取り除くためにも投資で元手を増やしていくことで自信がつき、資本家的な発想が少しずつ作られていくのです。
投資は色々な方法があり、近年スマホのアプリでも気軽に投資ができる便利な環境が整っていますよね。資本家を目指すことは誰でも可能で、成功のチャンスにフォーカスすることが資本家への一歩になるかもしれません。
 

お金を作る仕組みづくりとは?

労働者は自分の実力以上にお金を稼ぐことは難しく、生活レベルも限られてしまいます。資本家になるには、自分の代わりにお金を作る仕組みを考えること。
ビジネスオーナーが従業員に働いてもらい利益を出すのと同じで、資本家のスタートは自分の代わりの労働を何に置き換えるかという考えなのです。
サラリーマンは副業で経済的な余裕を作ることは可能ですが、仕事を増やしてもお金を作る仕組みはまだ完成しません。たとえば株式投資。リスクはあるものの、買った時よりも高く売れると、何もせずにお金が生まれることになります。
利益をさらに別の投資資金にすることでお金を作る仕組みの土台が作られていきますので、たとえ仕事がリストラされても充分な利益があれば影響はなし。そんな資本家マインドで、お金の流れをこれからは考えてみましょう。

自分に投資しよう!

資本家になるには、流れの早い時代の中でいち早く情報収集することが大切です。投資は資本家になるためのコツですが、そのためには知識を身につけることも重要。
自分に投資することは、将来のお金の流れを作るためにメリットになりますので、経済的だけでなく教養面なども含めて自己投資することは必要かもしれません。
投資信託、外貨預金、FXなど、あらゆる方法でお金を作ることができますので、資本家として成功するためにも、自分の強みと弱みを理解してぴったり合うお金の作り方を知ることが大切なのです。
 

まとめ

資本家になるのは決して一日ではできないことですが、まずは資本家マインドへ変えていくことは、今日から早速スタートできることでしょう。給与をもらいながらも、自分のためにどこかでお金が作られるサイクルは、物質的だけではない豊かさを感じる憧れの生活ですね。
 

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事