女性向けの株主優待が人気!選ぶ際のコツや役立つものを見極める方法

はじめに

女性向けの株主優待は、普段の暮らしのシーンで活用できることが色々とあるでしょう。株主優待が魅力的で株を始める人が最近増えていますが、ライフスタイルに合う優待内容ならさらに投資も魅力的に感じるはずです。

そこで今回は、人気がある女性向けの株主優待についてご紹介しますので、選ぶ際のポイントもぜひ参考にしてみてくださいね。

【株主優待とは】メリット・デメリットやサービスなどわかりやすく解説。詳しくはこちら。

「Stock Tok」とは?TikTokで話題沸騰中の株式投資体験者の告白5選。こちらから。

株主優待とは?


そもそも「株主優待」とは何かというと、株主に企業が自社商品やサービスなどを提供してくれる株主の「特典」のようなもの。株は値動きにより配当金がありますが、株主は投資のリターンだけでなく、企業からもお得なことがたくさん提供されています。

株主を「優待」する企業の目的は、自社商品をもっと好きになってもらい、他の人にも宣伝してもらえることも狙いのひとつ。株主の人気が熱くなると投資市場でも注目度が集まり、他の投資家から資金を集めることも可能になります。

もちろん株主にとってはお得に商品が購入できる、またはプレゼントされるなど、株主優待の内容により株の銘柄を選べることも楽しみになるでしょう。

ただし基本的に株は投資なのでリスクがあるため、株主優待のリターンだけを考えて決断するのは危険。企業によっては株主優待の廃止や内容を変えることもありますし、株のビギナーなら優待面以外で冷静に投資的な視点で企業を選ぶのが難しいことも注意が必要です。

女性向けの優待とはどんなもの?

女性向けの株主優待、男性向けとして企業がはっきり線引きをしているわけではありませんが、株を始める際に自分に合う株主優待かどうかチェックすることは大切です。

優待内容には家族向けや投資を継続するためのメリットが多い優待などもあるので、せっかくなら使いやすいものがいいですよね。女性向けの株主優待はやはり美容や健康、グルメ、ショッピングなどがおすすめといえます。

たとえばコスメ企業の株主優待なら新商品をいち早く試せる、ポイントで割引商品が購入できる場合も。他にも食品会社の自社製品詰め合わせ、自社製品のカタログから好きな物を選ぶという株主優待もあります。

株主優待は上場企業の約1500社で実施されていますので、全ての企業が行っているわけではありません。コスメが好きな人ならいつも使っているブランドの株主になるのが理想ですが、必ずしも条件が整うとは限りませんので柔軟に対応してみましょう。

おすすめの女性向け株主優待の企業

では早速おすすめの女性向け株主優待を提供している企業をご紹介します。大手化粧品メーカーの「コーセー」は100株以上保有で4,000~6,000円相当の自社製品がプレゼント。選択できるので、普段使うスキンケア商品があればなお便利ですね。

同じくコスメ好きに人気があるのは「ファンケル」。半年以上の株保有で自社製品3,000円相当が選べるカタログがもらえます。サプリメントや化粧品、青汁なども扱っているので色々と選択肢があり楽しいでしょう。

仕事やデートで外食することが多い女性向けの株主優待なら「すかいらーくホールディングス」もおすすめ。優待内容は100株以上で2,000円分、自社クループのレストラン優待カード。

1000株以上保有すると17,000円分になるのでお得です。必ず使えるものがいいというなら、「ライオン」の株主優待も魅力的でしょう。100株以上の保有で自社製品の詰め合わせプレゼント。

ボディソープ、歯磨き粉、柔軟剤など、新製品をメインにした内容になっているので、株主の特典としていち早くトレンドを試せることも魅力です。

株主優待の始め方について


株主優待でお得な生活を始めたいという場合は、優待を実施している企業株を購入する必要があります。株投資が初めての人はまず証券口座を準備しておきましょう。

株主優待銘柄は「優待利回り」という株主優待の相当額を株価に切り戻す計算方法を導入していることを理解。たとえば優待利回り2%という銘柄は、20万円の株で5,000円相当の優待があるということになりますので、配当金とは違う利益として解釈しましょう。

もちろん配当金も合わせてもらえる株主優待銘柄もあるので、その場合は利回りが3%以上のものがオススメです。初めて株主優待銘柄に挑戦する場合は。使いやすい身近な企業がよいでしょう。

自社製品を提供している企業や外食などのサービス産業など、日常的に使いやすいかどうかが判断基準。たとえ優待利回りがよくても、近くに使えるお店がないのでは困ります。

また株主優待をもらうには、「権利付き最終日」までに対象となる必要な株数を保有することが必要です。それぞれの企業のルールを確認する、または投資アドバイザーに相談するのもオススメです。

まとめ

女性向けの株主優待は、とても魅力的な企業が色々とあります。これから株を始めたいと思っている人の場合は、銘柄選びで困ってしまう場面もあることでしょう。そんな時でも株主優待は判断基準のひとつになってくるはずなので、上手に投資計画を立てながら、ぜひ優待内容を有効的に活用してくださいね。

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事