iDeCoの評判が良すぎる?!アナリストや資産運用プロが指摘すること

はじめに

iDeCoの評判は、とても前向きなレビューや意見が多いようですが、お金のプロはどのような見方をしているのでしょうか。
 
近年話題になっているiDeCoの特徴や評判について詳しくご解説していきますので、検討中の人はぜひ参考にしてください。
 

iDeCoの成功や失敗の体験談を紹介!こちらをチェック。

 

初心者にオススメの投資サービスを紹介!こちらをチェック。

 

iDeCoとは何か?


iDeCoというのは「個人型確定搬出年金」のことで、積み立てしながら運用を行い、60歳以降に一時金もしくは年金としてお金を受け取る仕組みです。
 
常に話題になる日本の年金制度。将来きちんと維持されるのか、年金を収める人にとってはとても気になるところでしょう。決して安くはない年金の納付額。
 
この価値は、自分が高齢になった時に返ってくるかどうかが心配ですよね。
厚生労働省によると、現役世代がいて日本の経済が続く限り、年金制度がなくなることはないとのこと。
 
少子高齢化でも仕組みが色々とあるので安心とのことです。
将来受け取る年金額は経済状況に左右されますので、負担が重いわりには受け取る金額が少なくなるのではという不安の声がなくならないのは当然のこと。
 
そんな年金の裏側を考えると、金融機関の商品はとても魅力的です。
日本の年金制度はまず国民年金があり、その次に厚生年金、さらに会社員なら企業年金、公務員なら退職均等年金給付がプラスされることに。
 
iDeCoは年金制度をサポートする用途があり、老後資金を効率的に今から準備できるシステムとして誕生したものです。
 
掛け金は自分が選ぶ商品を長期運用するので、運用して得た利益を含む資産が年金として手元に返ってくる仕組みです。
 

資産運用のプロはどう見ている?

iDeCoの評判は、金融機関の宣伝文句だけでは見えないところがありますので、後悔しないためにも資産運用プロの評判はチェックしておきたいですね。
 
ご紹介したいのは「ファイナンシャルスタンダート株式会社」の代表取締役の福田氏の意見。
資産運用のプロが検証するiDeCoは、お金の入り口・途中・出口の3ポイントで税金の優遇があるようです。
 
iDeCoの入り口では、所得税と住民税が節税できること。
たとえば500万円年収の人が年間20万円iDeCoで運用する場合、差額480万円に課税されることになるのでメリットがありますよね。
 
途中段階でもiDeCo枠内であれば利益には課税されないこと。
出口部分では運用して貯まったお金は、所得として全て受け取れるので、退職所得控除が受けられることがメリットです。
 
iDeCoの評判がよい反面、福田氏が指摘するのはデメリット。
そもそも個人で年金を準備する制度のiDeCoは、通常の年金と同じく60歳以降にならないと受け取れません。
 
株のようにすぐに儲けを手にできないことに注意が必要と指摘しています。
また低い掛け金だと手数料が高くなることも、福田氏が指摘する注意点です。
 

確定搬出年金アナリストはどう見ているか?


経済コラムニストの大江秀樹氏の妻、大江加代さんは、大手証券会社に22年勤務し現在は確定搬出年金の専門家として活動中のアナリスト。
 
大江さんが指摘するのは、掛け金が全て課税所得から控除されて税金の負担が軽くなるメリットが逆に落とし穴になる点です。
このメリットは自動的に発生するものではなく、年末調整で申告が必要。
 
自営業の人やフリーランスは、確定申告しないとメリットを得ることはありません。
申告する際は、年間の掛け金を証明する控除証明書を添付しますが、新規で払い込みしたタイミングと証明書の発行が合わないと翌年の申告になってしまうことも。
 
また時代背景により家計が厳しくなっている場合に、国民年金保険料の納付免除をする人もいますよね。
この場合はiDeCoの掛け金を収めることができず、休止しないと掛け金が還付されることに。
還付手数料もかかるので、国民年金の免除神経との兼ね合いも注意したいと指摘しています。
 

iDeCoはいつからスタートするべきか

年金は加入期間や金額により受取額が変わります。
iDeCoもできるだけ早くから開始したほうが将来安心なのではと考えてしまいますよね。
 
iDeCoは誰でも加入できるわけではなく、いくつか条件があります。
日本在住で20歳以上60歳未満であること、国民年金や厚生年金に加入している人のみ加入可能。
 
さらに雇用形態はパートでも正社員でも条件はなく、学生さんでも加入資格があるようです。
iDeCoの評判がよい理由として、月々5,000円の掛け金から始めることができる点。
 
掛け金は上限があり、専業主婦なら月額23,000円、自営業なら68,000円となっています。
では開始する年齢ですが、メリットやデメリットをきちんと理解できるなら、iDeCoの運用は現在の生活にもメリットがあるため、たとえ将来の資産だとしてもできるだけ早くから始めたほうがよいとプロがアドバイスしています。
 
ネット上の情報収集だけでは不安な点もあるはずなので、資産運用セミナーや金融機関のアドバイザーに直接相談して、自分に合うかどうかを判断することもオススメです。
 

まとめ

iDeCoの評判はよい点が多く見られる中、注意点もあるので、きちんと理解しておくことが大切ですね。
お金のプロから見たiDeCoの特徴は、判断する際に参考になるでしょう。
老後お金で苦労せずに安心して暮らすためにも、元気に働ける時が資産運用のチャンスかもしれません。

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事