「マンション投資」と「アパート投資」仕組みの違いや失敗しないためのコツ、メリット・デメリットを比較

2022年から「投資教育」が高校でスタートしたことを契機に、社会人でも投資を勉強したいと思う人も少なくないはずです。一口に投資といってもさまざまな種類がありますが、「不動産」を使ったものは株のようにチャートを毎日分析する作業は必要ありません。

ここでは、不動産投資の一種である「マンション投資」と「アパート投資」について解説していきます。

「マンション投資」と「アパート投資」の仕組みの違い

マンション投資とアパート投資はどちらも不動産を使った投資です。対象以外の相違点がないと思うかもしれませんが、制度の内容を細かくみると大きく異なることがわかります。

マンション投資は「一棟の経営」と「区分建ての経営」がある

マンション投資は一棟を経営する方法もありますが、各部屋ごとの管理も可能です。当然、投資する部屋の数が多ければ大きな収入を得る可能性は高まりますが、その分費用もかかってしまいます。地域性や人口などを参考に投資方法を選びましょう。

防犯や遮音性が優れている「マンション」

不動産投資において最も気をつけたい要素は「トラブル」です。建物内で問題が起きてしまうと、既存の住人が離れると同時に新しい顧客を集められない危険性も高まります。加えて、構造的な問題が見つかったら賠償金を支払うケースもあるかもしれません。

マンションはアパートと比べるとオートロックや防犯カメラの採用が進んでいるところも多く(※1)、防音に優れている点も特徴です。トラブルをなるべく未然に防ぎ、対処できる環境下で管理したい場合はマンションを選ぶといいでしょう。

アパート投資は「一棟の経営」のみ

アパート投資の場合は、マンション投資とは異なり「一棟」しか経営できません。つまり、各部屋だけに投資することは不可能であるため注意しましょう。アパート投資では、なるべく満室の状態を維持し続けることが大切です。

低価格で安定した収入を得たい人は「アパート」

アパート投資は、マンションよりも基本的に管理費用がかかりません。もちろん例外もありますが、アパートは設備が豊富に用意されているわけではないため、出費は安くなる傾向があります。

さらに、部屋数もマンションと比べて少ないことから、満室の状態を確保しやすい点も強みです。ただし、防音に優れているわけではなく、なかには設備がほとんど整っていないところもゼロではありません。物件の内容を確認することが賢明です。

失敗しないためのコツ

アパート投資やマンション投資で失敗しないようにするためには、「地域」の分析が欠かせません。例えば、建物が建築されている地域に親子世帯が多い場合は、マイホームをすでに建てている可能性も高いといえます。

一方で、学生や1人暮らしが多いところは賃貸のアパートやマンションを探している人も多いでしょう。このように、地域の特徴を捉えて戦略を立てていくことがコツです。

「マンション投資」と「アパート投資」のメリット

マンション投資やアパート投資は、ほかの投資とは違った恩恵を受けられます。うまく成功すれば、不労所得も夢ではありません。どのようなメリットがあるかを2点にまとめて解説しましょう。

銀行から「資金」を援助してもらえる

マンション投資やアパート投資における資金は、銀行から借りることが可能です。もし、株式や投資信託で収入を得るには、自らのお金で商品を購入しなければなりません。つまり、そもそもの資金がなければ投資への挑戦が難しくなります。

一方で、不動産投資は銀行からローンを借り、住居者の家賃で返済するシステムです。各投資のなかでも効率がよいといえます。

収入が安定している

上述したとおり、マンション投資およびアパート投資は住居者の家賃が主な収入源です。要するに、誰かが住み続ける限りは安定して稼げます。

株価のように突然価格が下落するわけでもありません。加えて、基本的には長期的な契約を結ぶため年単位で収入が得られます。

「マンション投資」と「アパート投資」のデメリット

マンション投資とアパート投資には、デメリットもいくつかあります。とくに投資の一種であるため、損失が発生するリスクにも備えなければなりません。考えられるデメリットと対処法を紹介しましょう。

投資を実施するまでに時間がかかる

不動産投資をする際には、マンションやアパートをあらかじめ購入します。ただし、売買では不動産会社を仲介した査定が必要です。ほかにも、住宅ローンの審査などと数々の手続きが求められます。

マンション投資やアパート投資にかかる日数は、最低で1〜2ヶ月程度(※2)と考えたほうがいいでしょう。計画的に準備を進めることが大切です。

維持するうえで費用がかかるマンション投資とアパート投資は、対象の不動産を維持するだけでもあらゆる費用が発生

  • 維持管理費(光熱費・損害保険料・管理費)
  • 修繕費用・リフォーム費
  • 固定資産税

建物の面積や修繕が必要な程度によって金額も大きく異なります。長期的な運用となるため、月々に支払うコストは稼いでおきましょう。 

まとめ

マンション投資とアパート投資には、それぞれの運用方法があります。仕組みの違いを理解して、自分に合ったスタイルを選びましょう。不動産投資は安定した収入を得やすいものの、費用も一定数かかります。長期的な計画を持って取り組むことが必要不可欠です。  

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事