33歳女性は見栄を張らない消費活動が大切!年齢にあったお金の使い方ガイド

はじめに

33歳女性は見栄を張らずに自分らしく大人の女性をアピールすることが、魅力的に暮らすコツ。年齢的にも仕事や結婚など、あらゆることが頭をよぎる時期ですが、とくにお金に関しては収入額も安定し、物質的にも余裕を感じるころでしょう。

だからといって33歳女性は見栄を張らない消費活動が大切。年齢に合ったお金の使い方をマスターして、快適な30代を過ごしてみませんか。

30代女性にオススメ!贅沢に過ごせる高級ホテルスパ5選。こちらから。

33歳女性は見栄を張りやすい?

30代になると女性は色々な決断を迫られ、仕事とプライベートのバランスをとることが大切です。20代はがむしゃらに生きてきたけど、30代になるとそろそろ自分に合った将来計画をする年代。

とくに結婚は大きなライフステージになり、33歳という年齢はある種のハードルになっているかもしれません。近年晩婚化傾向がありますので、33歳で独身という人は決して珍しくない存在。それよりもキャリアを選ぶ人も増え、社会的にも存在感のある女性は多いですよね。

お金がある程度増えてくる30代。独身なら結婚資金やマイホームのための貯金もかなり貯まっているかもしれません。このような金銭的な余裕があるため、33歳女性は自分に自信がある人が多いことも特徴。

自立したライフスタイルがあり、つい見栄を張ってしまうこともあるようです。33歳が結婚のボーダーラインと考える人も多いため、将来を決める大切な時期にもなるでしょう。

独身30代女性の資産額とは?

お金があると生活もつい派手になりがち。将来を考えてしっかり貯蓄している人、資産運用をすでに始めている人など色々ですよね。気になるのは、他の人は一体いくらくらいの資産保有額があるのか。

そこで目安となる30代女性の貯金額について見ていきましょう。30代独身の貯金額の平均値は327万円。あくまでも平均値なので、貯金ゼロの人や数千万円ほどある人もいます。

33歳女性の場合はかなり貯蓄額が多い人も多く、株式やマンションなど不動産投資をしている人も少なくありません。327万円という金額は貯金だけでなく投資も含まれ、貯金額だけなら160万円前後という統計結果もありますので、かなり投資に興味がある人が多いことはわかりますよね。

平均値を満たしているかどうか、今後のマネープランの指針に参考にしてくださいね。

見栄はお金を減らすこと
金銭的に余裕が生まれる33歳女性は、見栄を張って余計なものを買ってしまうなど、金銭感覚が乱れてしまう注意したい時期でもあります。
とくに独身の33歳女性は、社会的にも自分の存在意義をアピールしたい気持ちもあり、持ち物、ライフスタイルでつい見栄を張ってしまう人もいるでしょう。

たとえば賃貸物件に暮らすよりもマイホームを持ちたい、無名のものよりもブランドを選ぶなど。このような見栄が根底にあるお金の使い方の場合は、お金がどんどん消えてしまうだけなのです。

なぜなら一時的に自分の物欲を満たすと、さらに別の見栄を満たすことの繰り返しになるから。見栄でお金を使うのは、実は自分に自信がないことも影響しているかもしれません。

それ以上に大切なことは、他人に自慢するお金の使い方でなく年齢に合った自分のための出費で、自分に必要かどうかを見極めることも大切ですね。

33歳以降のお金の使い方について

33歳女性は見栄を張らない消費活動を意識し、賢く資産を増やすプランが大切です。33歳という年齢はライフイベントにより貯金事情は大きく変わりますので、お金の使い方にも影響するでしょう。

おしゃれや趣味に使うお金も大切ですが、やはり考えたいのは自分の将来。結婚は30代女性の資産形成にも大きなファクターとなるので、独身の場合はどんな目的にしても、まとまった出費に向けた貯蓄スタイルは必要かもしれません。

その場合ですが、預貯金だけでなく保険や株などで資産を運用することも大切。30代になると20代以上にお金に詳しくなる人も増えてきますので、自分に合った資産運用方法を見つけやすくなるでしょう。

33歳になるとある程度欲しいものはすでに持っていると思われますので、消費活動よりもお金を増やす使い方が大切といえるでしょう。

自信をつける消費活動を目指す!

自分のキャリアを考え直したり、結婚について悩んだりするのも33歳前後が多いですよね。この年齢は周囲と自分を比較したくなることも特徴で、周囲に追い付いていないようで不安を感じる人もいるでしょう。

そのためお金の使い方は、自分に自信をつけるためにも大切なこと。好きなものをどんどん買うのでなく、安定した将来のため、自分の心を豊かにするためなど、物ではない価値を感じられる消費活動をしてみませんか。

投資はそのひとつで、他にもスキルを取得したり旅行したりするなど、やりたいことは自分でできる、という自信につながるお金の使い方が見栄とは違う余裕になるのです。

まとめ

33歳の女性は、見栄を張らず周りが真似したくなるカッコいい消費活動が理想ですね。ブランドよりも質を見抜くこと。外側ではなく内側を満たすお金の使い方を始める年齢かもしれません。

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事