【婚活女子必見】一人暮らしと実家暮らしで結婚に有利なのはどっち?

本記事を読んでいる婚活中の女性の中には、「一人暮らしと実家暮らしで結婚に有利なのはどちらだろう…?」と疑問に思っている方も多いのではないでしょうか。

今回は、一人暮らしと実家暮らしのどちらが結婚に有利なのかを紹介していきます。現在、婚活中の女性は本記事を参考にしてください。

一人暮らし女子のメリット・デメリットを紹介!

「職場が実家から遠い」「親と離れて暮らすことで自立したい」など一人暮らしする理由は人によってさまざまでしょう。では、結婚において一人暮らしするのはどのようなメリット・デメリットがあるのでしょうか?

一人暮らしするメリット・デメリットとして、以下の4つが挙げられます。

  • 【メリット】家計管理が身につく
  • 【メリット】家事スキルが身につく
  • 【メリット】人を招いたり外泊しやすい
  • 【デメリット】出費が多いため貯金がしにくい

【メリット】家計管理が身につく

一人暮らしをすると、家賃や水道光熱費、生活費などすべて自分がお金を支出する必要があるため、家計管理が身につきます。

もし、結婚したら新生活の準備や結婚式などで多額のお金が必要です。一人暮らしして家計管理を身につければ、余分な支出を減らして結婚費用として貯金しやすくなります。

【メリット】家事スキルが身につく

一人暮らしをすれば、自分ひとりで炊事・洗濯などをする必要があるため、家事スキルが必然的に身につきます。家事スキルが身についていれば、結婚相手と分担してスムーズに炊事・洗濯がおこなえるため、夫婦関係が良好に進みやすいです。

良好な結婚生活を送るためにも、一人暮らしをして家事スキルを身につけましょう。

【メリット】人を招いたり外泊しやすい

一人暮らしは、実家暮らしと比較して人を招いたり外泊しやすい傾向にあります。なぜなら、家庭によっては人を招いたり外泊したりすることに家族の許可が必要な場合があるからです。

恋人と家へ行き来することができれば、今まで知らなかったお互いの顔に気づけるため、より仲が親密になりやすくなるでしょう。

【デメリット】出費が多いため貯金がしにくい

一人暮らしは、家賃や水道光熱費などの生活費をすべて支払う必要があるため出費が多くなり、貯金がしにくいです。結婚すると、多額のお金が必要です。貯金しにくい傾向にある一人暮らしは、金銭面のことを考えれば結婚に不利といえるでしょう。

実家暮らし女子のメリット・デメリットを紹介!

先ほど一人暮らしのメリット・デメリットを紹介しましたが、実家暮らしにはどのようなメリット・デメリットがあるのでしょうか?実家暮らしのメリット・デメリットとして、以下の3つが挙げられます。

  • 【メリット】支出を抑えられる
  • 【デメリット】自由に行動しにくい
  • 【デメリット】家事ができないイメージを持たれやすい

【メリット】支出を抑えられる

実家暮らしをすれば、支出を大幅に削減できるため、貯金しやすいといえるでしょう。たとえば、東京で一人暮らしをするとしたら、一番相場が低いあきる野市でも毎月5万1,000円家賃がかかります。

家賃に費やしていたはずの5万1,000円を毎月貯金していたとしたら、年に61万2,000円も貯金できるのです。(※1)多額のお金が必要な結婚生活を送るために、実家暮らしをして支出を抑える工夫をするとよいでしょう。

【デメリット】自由に行動しにくい

実家暮らしをしていると門限がある家庭も存在するため、自由に行動しにくい傾向にあります。なぜなら、門限があると恋人と夜のデートや外泊ができなくなるからです。

夜のデートや外泊ができないと、一人暮らしよりも恋人と一緒にいられる時間が少なくなるため、結婚する間柄になれるほど親密な関係を築きにくくなります。

恋人とより親密になるうえで、実家暮らしで自由に行動しにくいことは大きなデメリットになるでしょう。

【デメリット】家事ができないイメージを持たれやすい

実家暮らしの場合、男性に家事ができないイメージを持たれるかもしれません。もちろん実家暮らしであっても、家事を積極的にしている女性も多く存在するでしょう。しかし、一人暮らしと違い実家暮らしは家事を必ずしなければいけないわけではありません。

両親が家事をすべてしてくれている実家暮らしの方も多いのではないでしょうか?女性が家事ができない場合、男性がすべての家事をする必要があるため、大きな負担になります。

夫婦で家事を共同作業できるようになるためにも、一度は一人暮らしをした方がよいでしょう。

結婚に有利なのはどっち?

結婚に有利なのは、一人暮らし女子です。なぜなら、一人暮らしをすることで結婚するうえで欠かせない家計管理や家事スキルが身につくからです。

事実、生活力がなければ、結婚生活が成り立ちません。それどころか、家計管理や家事ができないことで、夫婦関係が悪化する恐れもあります。実家暮らしをしている婚活中の女性は、一人暮らしを始めて生活力を高めるとよいでしょう。

また、一人暮らしをして自由に恋人の家を行き来できると長い時間を一緒に過ごせるため、より仲が深まりやすいです。一人暮らしをすることで、生活力が高まるうえに恋人と仲良くなりやすくなります。

実家暮らしと一人暮らしで悩んでいる女性は、一人暮らしを始めることをおすすめします。

https://research-online.jp/all/life/14068/
https://research-online.jp/all/life/13722/

まとめ

実家暮らしと比較して、一人暮らしの女性は結婚に有利な傾向にあります。一人暮らしの場合は、実家暮らしよりも自由に行動しやすく、家計管理や家事スキルを取得しやすい環境にあるからです。

一方で実家暮らしをすれば、支出を大幅に削減できるため、貯金しやすくなります。結婚すれば、新生活の準備や結婚式費用、養育費など多額なお金が必要です。金銭面で結婚に不安を感じている方は、実家暮らしで貯金しつつ婚活するとよいでしょう。

 

Twitter でリサーチバンク株式会社をフォローしよう!

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Xでフォローしよう

おすすめの記事